1000年生きる???

 「1000年生きる」と言うとヨーロッパの伝説の種族であるエルフやダークエルフだが、人間様はまあ、せいぜい生きて100年前後とされている。最も、最近の日本では100歳超えても書類上死んで居ない所在不明のお年寄りがポロポロ見つかって居る様ではあるが、まあ、それはまた別の話である。ところが、ある医学博士によると「あと30年位生きると人間は死ななくなる」と言うのである。つまり、iPS細胞なんかを利用した再生医療の進歩で「人間は死ななくなる」と言うのだ。で、「しかし、犯罪や事故等に巻き込まれ死ぬ確立があり、これが1000年に1度位の確立になります。」と言う付足し迄付いたらしい。「はい〜???。」正直な一言である。そもそも、人間にとって最もイヤな事は何かと言えば、他人の意思によって自分の生命が奪われる事である。それとは裏腹に、1000年も生きていたくない様な気もする。そんなに生きていても辛い事の方が多いのではないかと思うからだ。

 果たして、人間にとって死ななくなると言う事は福音なのだろうか。何か違う様な気がするのは自分だけだろうか。確かに、iPS細胞等を用いた再生医療の進歩によってこれまで治療が困難、又は不可能であった病気が治療可能になる事はそうした病気の患者にとっては間違いなく福音である。しかし、こうした病気の治療が可能になる事と「死ななくなる事」は直結するのだろうか。この辺りがどうもイマイチよく理解できない。確かに、病気が治るのだから病気で人間が死ぬ確率は低下するかも知れないが、一方で人間は老衰でも死ぬものである。現実に、「昨日の夜まで元気だった御祖母さんを今朝孫が起こしに行ったら、御祖母さんはポックリ逝っていた」なんて話を耳にしたりする。つまり、それでも、この先生の「人間は死ななくなる」を額面通り受け取ると「老衰まで再生医療で何とかするぞ」と取れてしまうのである。でも、もしそうであるならそれは医療技術の乱用ではないだろうか。

 やはり、乱用はいけないと思う。また、どんなに進んだ医療技術であっても乱用してしまっては決して人類の福音には繋がらないと思う。いま問題になっている耐性菌の問題だって結局は無秩序な抗生物質の使用、乱用がこうした菌を生み人類を苦しめているのだと言われている。再生医療だって、人間の老化まで妨げる様な技術を開発してしまったらそれは乱用に繋がらないだろうか。というのも、生物は新しい命が生まれ、古い命は死ぬものだからだ。そしてそれが、自然の摂理でもあるのだ。やはりこの大原則を忘れてはならないと思う。「老化まで妨げる様な技術を開発する」と言う事はその摂理に逆らう事であり、結局そのしっぺ返しは自分の身に降りかかってくるのではなかろうか。

 人間だって生き物である以上「生への執着」がある。しかし、人間とは業の者で、それ以上に欲張りで欲深なのである。年を取ると「顔のシワが」とか「肌の張りが」こんなのはまだ良くて「肩が痛い」とか「腰が痛い」とか「膝が痛い」とか「眼が見えない」挙句の果てには「歯の具合が」まで、まあ年を取る事によってもたらされる悩みは枚挙に暇が無い。「いっそのこと若返りたい」こう思うところが人間が欲張りな証拠だ。そして、そこに人類滅亡を目論む悪魔の付け入る隙があると思う。自分は、「老化まで妨げる様な技術を開発する」事はどうもこの悪魔の囁きに乗る事に他ならない様な気がしてならないのである。つまり、「老化を妨げる→年寄りが若返る→年寄りが死なない→新しい命が育たない→人類が滅亡する」と言う構図が描けてしまうのだ。やはり、命は常に代替わりしてこその命である。人類も、種としての寿命はあと数千年ではないかと推測されている。しかし、その数千年後に更に新人類がその生存圏を宇宙に広げてゆくのか、それとも滅亡してしまうのかは全くの未知数であるらしい。出来る事なら前者である事を望みたいものである。そのためにも、やはり、天に唾するような医療技術開発だけはして欲しくないものである。

 

2010年09月18日 LONG記す

 

トップページに戻る