1MB(メガバイト)は巨大だ

 1MB(メガバイト)が巨大だ、等と言うと、「何をこのオッサンは言って居るんだよ、1GB(ギガバイト)だって今時メじゃねーよ。」位言われそうな御時勢である。確かにその通りかもしれない、今時1GBのメディアですら容量が小さすぎて探す方が困難な時代である。しかし、それは、USBメモリをはじめとしたメディアの巨大化が進んだ一方で、我々の身の回りに有るあらゆる機器のデジタル化が進み、従来あったアナログ機器がデジダル方式へと自然に置き換わって行った結果、多くの人々が情報量というものについてどこか漠然と捕らえている結果ではないだろうか。もっと言うなら、多くの人々は意外と情報量というものの真の大きさを知らずに使っているのではなかろうか。

 1バイトとは8ビットの情報量を示し、半角英数字1文字を示す。1MBとは半角英数字で100万文字、日本語の仮名や漢字の様な全角文字は2バイト文字と言って1文字当り2バイトの情報量があるので50万文字を表す事が出来る情報量と成る。一口に50万文字と言ってもピンと来ないので一つの例を持ち出す事にする。今、ここに一冊の文庫本がある。タイトルは小野不由美先生の「風の万里 黎明の空」の上巻である。2003年にNHKでもテレビアニメ化されたファンタジー「十二国記」の一エピソードでご存知の方も多いのではないかと思う。で、この本は総ページ数350ページ(広告ページ除く)で、1ページ当り40文字×18行で組まれている。実際の本には空白や挿絵のページがあるのだが、全ページが全て文字で埋め尽くされているとすれば、

 

  40×18×350=252000 文字

 

となる。つまり、1MB(50万文字)とはこの文庫本を概ね2冊丸々呑み込んでしまう容量なのだ。どうだろうか、そう思うと「意外とデカい」と思えてこないだろうか。因みにこの小説作品は上下巻二部構成で、先にも言ったように本には空白等もあるので、文字情報だけなら1MB(50万文字)に全て入ってしまうと推測される。

 と、ここまでは無圧縮でのお話、我々パソコン黎明期から使い続けるオールドユーザは俗にこうした無圧縮データをベタデータと呼んでいたりするのだが、実はZIPやLHA等でテキストファイルに圧縮を掛けると60〜70%位にサイズが圧縮されてしまうので、1MBあれば大概の小説は余裕で入ってしまうと言って良いのかも知れない。

 と、これまたここまで話すと「ちょっと待て、会社のMicrosoft Office のWordテキスト(拡張子doc)なんかはA4一枚ペラでも20MB 位有ったりするぞ。」なんて声が聞こえて来そうである。知っている人も多いかと思うが、Microsoft Office やOpen Office Org 等のこうしたファイルはリッチテキストファイルフォーマットと言うやつで純粋な文字情報だけのファイルではなく、印刷した時に紙のどの位置を基準に印刷するとか罫線の太さとか行間情報やら何やら貼り付けてある絵や写真のデータまで、果てはファイル内で使っているフォント情報や変更履歴まで全てが記録されて居る為にこんなに成ってしまうのだ。特に変更履歴は「元に戻す」機能を利用する予定が無いなら無駄な情報でとっとと削除するに限るのである。

 ちょっと話が横道に逸れてしまった。で、言いたい事は、ファイルの大きさを具体的なイメージとして持つ事は大切だと言う事だ。更に最近は非可逆圧縮技術(元のデータには戻らない)の進歩によって1MBのスペースがあれば音声でも128kbpsのMP3ステレオで約1分の録音が可能である。64kbpsステレオのOggやWMAなら約2分だ。動画でも1200kbpsのMpeg4で約7秒の録画が可能なのだ。たった7秒と馬鹿にするなかれ、1200kbpsのMpeg4動画は720×400dotが可能なビットレートなのだ。そう、今から15年〜20年前は2HDのフロッピーに例え7秒でも録画するなんて考えも及ばなかった。リアルタイムで可能かどうかはこの際問題ではない。この1MBというサイズに音声が、動画が記録できると言う事が重要なのだ。中には「でも、1分なんて、7秒なんて実用的じゃない、だから1MBなんてちっぽけさ。」と考える向きも有るだろう。しかし、ベタの音声データは巨大だ、そして、ベタの動画データはもっともっと巨大だ。それを例え圧縮技術併用とはいえ、短時間とはいえ、呑み込んでしまう事の出来る容量もまた、やっぱり巨大だと言えないだろうか。もし、それでも「ちっぽけさ!」と言う方がいらしたら、50万文字鉛筆でいいので書いてみるといいだろう。400字詰め原稿用紙1250枚、少なくとも楽チンではないと思うぞ。

 あ、尚、付け足しに成るがLHA圧縮(拡張子LZH)は今後「公」には使わない方が良い。理由は簡単に言うとセキュリティ的に問題があるためらしい。詳しい事は自分も判らないが、とにかくファイル形式が古いまま(開発されたのは確か1980年代中頃か終り頃?)な事だけは確かで、悪意の第三者によりファイル改竄(かいざん)が行われてもそれを検出する術が無いのかもしれない。

2010年09月16日 LONG記す

 

トップページに戻る