3D(立体)テレビの憂鬱

 最近家電量販店でよく「3Dテレビ」なるものを見る。またテレビでも良く宣伝している。しかし、こう言っては何だが「3Dテレビ」というものは実は30年も前に一度お蔵入り した新しくもなければ何でもない古い技術である。まあせいぜい裸眼で見た時の映像のブレが昔に比べて小さくなっている所が違うといえば違うか。良くは知らないが、多分これは映画「アバター」のジェームズ・キャメロン監督の研究成果を取り入れた結果ではないかと思う。しかし、家電量販店のデモ機でそのデモを体験するとやはり不自然なのである。確かに映像は浮き出て見えるし、迫力は増す。しかし、どこか平面的で階層的で何だか「飛び出す絵本」みたいで・・・、うまく言えないがとにかく自然に自分の眼が見ている像と立体テレビの映像とでは明らかに異質なのだ。で、何故なのだろうと考えてみた。すると、少なくとも現在の立体テレビの映像技術には原理的な欠陥と言うか限界があることが判って来た。

 つまり、我々人間の目は右目と左目それぞれが捉えた像を比較しその僅かな差をもって立体として認識する。この差を視差と言うのは知っての通りである。で、この「視差を再現してやれば立体視が可能なはずだ」という理屈が今の立体テレビの理論だ。左右併せて2台のテレビカメラを用意し、同期して動作させ、映像を撮影する。再生する時は立体眼鏡を掛ける。正体は高速で動作する液晶アイマスク(目隠し)で、テレビ画面上に右カメラの映像が再生された時には立体眼鏡の右目を開き左目を閉じる。テレビ画面上に左カメラの映像が再生されたらその逆をやると言った具合だ。確かにこうすれば距離感も得られるし立体感も得られるのだが、しかし、実は完全ではないと言う事に気づかないだろうか。

 実は、テレビ画面上に映し出されている左右の映像を人間が自然な立体映像として認識するには、若干ムチャな話になるが、直接人間の目の網膜上に映し出すしか手は無いのである。どう言う事かと言うと、人間の眼が物を見た時の視差を脳が解析する時、恐らく網膜上に映し出された場合が前提で脳のプログラムが組まれているからである。こう言うと、まるでパソコンみたいな物言いなのだが、本来網膜上に無ければならないはずの像が実はテレビ画面上にある、このために様々なパラメータの喰い違いが生じ、画面の不自然さの原因になるのではないかと自分は考えている。しかも、テレビ画面上に像があると言う事は更にその先に、幾つ有るか判らないが、視線が存在すると言う事である。こんなことも立体映像が不自然に見える原因の一つなのかもしれない。

 ところで、先に人間の眼の網膜上直接像を映し出す事を「若干ムチャ」と言ったが、実はそんなディスプレイが既にあったりする。最近見ないが、5〜6年前はパソコン雑誌で広告を良く見た気がした。たしか、眼鏡型をしたやつで何て言ったっけ。ただ、立体ディスプレイではないので念のため。

 それにしても、30年もたった今頃立体テレビを市場投入とは恐れ入りました。何故30年前はダメだったのかちゃんと総括したのか聞きたくなっちゃいます。恐らくは世界的な立体映像ブームと韓国のテレビメーカが市場投入した事で国内メーカも「負けじ」と飛びついた様に見受けられますが、いやはや、この国は政界のみならず本当にリーダー不在の国であると感じずには居られません。下っ端は優秀なんですがそれじゃあ限界があるんですよ、本当に。テレビはテレビでそんな立体テレビなんかよりもやらなきゃならん開発テーマがゴマンとあると思うんですが。特にこれからはクラウドの時代。テレビをどう使うかでまた市場が違って来ますよ、きっと。ホント、古い立体テレビなんぞにカマけているヒマなんて無いと思うんですがねぇ。

2010年09月17日 LONG記す

 

トップページに戻る