老眼だぁ!

 最近、眼が見えない。早い話が老眼である。まあ、50も過ぎているわけだから当たり前と言えば当たり前であるが、45歳くらいの時だったか、老眼鏡を初めて100円ショップで買う羽目になった際は意外とショックだった。だいたい、自分はパソコンを良く使う関係上、目からパソコンのディスプレイまでの距離概ね60cm位の所は非常に良く見える。しかし、現在手元のキーボードともなるとキートップの文字が若干ボケて見える。これが文庫本ともなるともう悲劇だ、字がボケて見えないと言うか読めないと言うか。で、イラッとする。仕方が無いので眼鏡を掛ける、しかし、今度は手元は見えるが遠く(例えば本棚、2〜3m 先)が見えない、で、またイラッとする。で、こんだは老眼鏡を外す、時には近眼鏡を掛ける、この繰り返しである。イライライライラ。

 考えてみれば43歳の頃近眼が急に進んだ時があり、これが老眼の始まりだったと考えるべきなのかもしれない。その頃、まだ社に在職中だった自分は会社の健康診断で視力0.3と診断されビックリした。それまで近視気味だったとはいえ視力は0.7、なんとか眼鏡無しで運転免許の更新もしてきたのだが、視力0.3では免許条件に眼鏡が加わってしまうので慌てて眼鏡を作りに行った覚えがある。しかし、この時は未だ「近眼が進んだ」としか考えていなかったのだ。やはり、甘かったのである。その内2年位で老眼鏡である、今更眼鏡レンズを遠近両用にするなんて・・・ええい、そんなこと、もっと進んでからでいいや、となってしまった。

 そもそも、老眼とは何であろうか。若い(高校生位の)頃は老眼は「遠視」と同じだと思っていた。だから、近視の人は歳を取ると近視が治ると思っていた、でもちがった。今から35年ほど前のある日、亡父が「ハァ?老眼が遠視?。バカヤロー違うよぉ、老眼てのはなぁ目のレンズが歳を取る事で硬くなって、見るものに焦点を合わせずらくなってしまうことだよ」と言った。そうなのだ、極端な表現をするならば、目が出来の悪い固定焦点カメラみたいになってしまい、近くも遠くもピンボケになり、ある一点しかマトモに見えなくなるのが老眼なのだ。

 そう言えば歳を取ると体中のあちこちが硬くなる。関節なんてのは代表的かもしれない。実際若い頃に比べると腰の関節や股関節なんかはボッキボキで前転すら危なくて出来ない状態だから情けない。そう言えば、歳のせいかトイレ(オシッコ)が近い。これも聞くところによると、歳のせいで膀胱が硬くなりしなやかに伸びなくなったせいであるらしい。ただ、こいつには克服法が在って、それがなんと、オシッコを出来る範囲で構わないので我慢すると言うのだ。いや、NHKの「ためしてガッテン」でやっていたのでウソではないと思う。

 前回の更新から実に10日ぶりの更新である。いや、本人の性分が不精なのもあるが、意外と何を書くかとなると内容がまとまらなくて難儀した。書きたい事は一杯有るのに頭の中がまとまらないと言うのも困ったものだ。ということで、今回はここまで。

2010年09月30日 LONG記す

 

トップページに戻る