鎖国出来る国を目指そう

 この間、民主党の代表選挙が終わって菅総理が再び代表に選出されたが、この選挙では菅・小沢どちらの陣営からも「日本と言う国をどう言う国にしたい」と言う話は無く、その争点がアテの無い雇用が云々とか、マニフェストが云々と言う話のみに終始していたのはやや残念であった。では、日本はこれから先どうあるべきであろうか。確かに、出来ることからやって行かなければならないだろうが、だからと言って中途半端な事を続けていれば、何れ中国かロシアの植民地にされてしまうのがオチである。では、どうするべきか。自分としては「鎖国できる日本を目指すべき」だとおもう。「鎖国出来る国を目指そう」等と言うと「このグローバル化の時代に何寝ぼけた事を言ってんの、鎖国なんて出来るわけ無いじゃない。」位言われそうである。しかし、自分は「鎖国しよう」と言っているのではない、実際の鎖国の是非とはまた別の話である。自分が言いたいのは「鎖国出来る国を目指そう」、つまり、その気になれば鎖国だって出来る国、可能性の話なのだ。では、鎖国できる国とはどんな国だろうか?。

 鎖国出来ると言うことは、食料もエネルギーも資源も、もちろん必要な技術も全て国内で回していけると言うことである。外国には一切頼らない。「そんな事、今の日本に出来るのか?」と思うかもしれない。しかし、今は出来なくでも、その基礎は今の日本に有るのである。例えば食料である。日本は土地が狭いので全国民の食料を供給する程の耕地が無いとされているが、実は近年実用化された野菜工場の技術を応用することでほとんど全ての作物がこの工場で作れるそうだ。つまり耕地は無くても作物は出来るのである。しかも、今後この野菜工場の技術は地球温暖化による異常気象による影響を受けない食料生産法として世界中から注目される事が予測される。さらに従来型の農業に於いても豚を使って耕作放棄地を再び農地にし、高い品質の作物や肉を作っている団体も有ると聞く。他にも様々なアプローチによって効果をあげている農業団体があるようで、こうした様々な取り組みを支援・拡充することで食料自給率100%以上にすることは可能なはずである。また、作るだけでは駄目だ。出来た食料を戦略的に長期(最低でも100年)保存する技術も開発しなければならない。日本にはこうした技術的な基礎を持ち合わせた企業は沢山あるはずだ。こうした企業に技術開発を行わせ、実用化させて食料を確保出来れば国民が飢えることのない国造りが出来ると思う。

 では、エネルギーはどうか?。日本は石油の輸入国であるが、太平洋戦争の遺産とも言われているが、実は油を作る藻の研究では世界的に進んでいるらしい。こういう研究は国で予算をつけてしっかりしてくれないと、直ぐに中国やアメリカに持って行かれてしまう。しかし、自分は技術屋の一人として資源を得る手段としては認めるが、地球温暖化の面から既に油を燃やす時代は終わりだと思う。では、これからは何を燃やす時代か。水素である。水素を燃やしても出るものは水蒸気しか出てこない。水蒸気は二酸化炭素の何十倍もの温室効果ガスであるが、しかし、常温で液体であり温室効果と関係ないと考えられる。しかも、水はヨウ素を触媒に太陽光線で再び水素と酸素に分解でき循環させることが可能である。つまり水素を燃やす水素エンジンと、水を太陽光で燃料の水素にする水素工場のシステムを開発すれば国内でエネルギーを賄っていけるはずである。しかも、言ってみればこれは植物がやっている事と同じことであり無公害なのだ。何も燃料電池なんて難しい物を考えることはない。あれはプラチナと言う希少金属を使わなければならないからだ。素直に普通に燃やすことを考えよう。えっ、「水素スタンド」?。そんなもの、必要なし。普通にカセットコンロ方式でボンベごと交換すれば良いのだ。で、この基礎技術も日本には有るのである。

 最後にその他の資源はどうか。この辺は資源小国日本かなり苦しい所があるらしい。しかし、少なくとも有害な金属イオンが溶け込んだ水を浄化して飲める水にする技術があり、回収した金属を再生することが出来るということだ。また、廃品から資源を再生する技術も苦しいながらも開発が進んでいるらしい。この他にも深海にあるマンガン団塊なる鉱物を採取する技術も開発が進んでいるらしい。

 いま、永田町の政治家たちは「国難」等とかなり悠長なことを言っている。しかし、国難などと言って居られたのは今から10年も前の話だ。今は理由なき円高が進み国内の有力企業は現地生産を迫られ海外移転をせざるを得ない状況にある。新興国側にしてみればこれまで望んでも手に入れることの出来無かった日本の技術・ノウハウを労せずして手に入れることが出来るのであるから「円高よもっと進め」である。言ってみれば今の円高は「超新星円高」である。正に、日本という国が超新星のごとく輝き、そして滅びるのを示唆しているのではないかと感じているのは自分だけであろうか。今、日本からは日本が絶対に失うことが出来ない技術的ノウハウがどんどん海外に流出していっている。一方で新しい国内産業は一向に育たず若者たちの職が失われている。そして、若い人達の間に流行る大麻や脱法ドラッグ、そして、政治や官僚は脳死状態。今の日本は清朝末期の中国そっくりだ。そう、亡国の危機意識を持ってくれないと本当にもう、この国はヤバイ。円高対策だって中途半端な市場介入じゃ駄目かもしれない。国内がスタグフレーションになってもなんでも、とにかく「技術流出を食い止めるんだ」位の覚悟で対策つべきだと思う。

2010年09月20日 LONG記す

 

トップページに戻る