クラウドの憂鬱

 皆さんは「クラウド」と言う言葉を聞いた事が有るだろうか。英語で「Cloud」、雲と言う意味だ。「クラウドコンピューティング」と言えばお解かりだろうか。私も専門ではないので正確な所は解からないのだが、まぁ、「インターネットを利用した貸し出しリモートコンピュータ 」とでも思えば当たらずとも遠からずではないだろうか。既に、クラウドシステムを利用したセキュリティサーヴィスの提供を開始したコンピュータセキュリティ会社も有る位なので、一口に「クラウド」と言ってもそのサーヴィス形態は、パソコンの様なシステムとアプリケの提供及びデータストレージから始まって、先のセキュリティ関係、更にはメディアコンテンツ提供に至るまで様々な物が有る様だ。で、今回取り上げたいのは、パソコンの様なコンピュータシステムを提供する「クラウドコンピューティング」だ。

 「クラウドコンピューティング」は今、様々な可能性を生む新しいコンピュータ環境として注目されている。中小・零細企業、果ては個人でも大企業並みのスーパーコンピュータ環境を必要に応じて安価に導入できるとか、高価なシミュレーションソフト等を必要な時にだけ安価に利用できるとか、更にはそうした企業、法人、個人の財産であるデータをしまっておくデータストレージ環境が柔軟に出来、世話要らず(プロバイダ任せ)であるとか、利用する側から見た利点だけ挙げてもかなりの数になる。しかし、その一方で問題も非常に多い事にお気づきだろうか。まず、第一点目として、これまでこうしたクラウドという物は存在した事が無いためそうした物の存在を前提とした法整備が全く為されていない事だ。第二点目としてクライアント側の秘密は全てプロバイダの手中にあり故意・過失を問わずクライアント側に不利益を与えた場合どうするのかと言う問題。第三点目としてクライアント側がプロバイダを解約したいと申し出た場合クライアントの財産であるデータをどうするのか。等等だ。

 勿論こうした事はクラウドを導入する時の契約書に書かれていることであるだろう。しかし、よくよく考えてみよう。契約書は常識的にプロバイダ側から提示されるものであって、プロバイダにとって不都合な事が書かれているとは思えない。クラウドを導入したいと考えたクライアントは多少不利な契約条件であると判っていても唯々諾々とその契約書に署名するしか無いのではないのではなかろうか。とはいえ、自分はクラウドと言うものを否定しているのではない。むしろ、未来のコンピュータの形として是認しているくらいである。そして、今はまだそれが登場したばかりであり、様々な問題が噴出してきて当然なのだ。

 アニメ「サマーウォーズ」に出てきた「OZ」と言うシステム、あれはアニメの中ではユーザがアバターを操るコンピュータ内での仮想現実の世界として描かれていたが、会社の業務決済や役所の公的手続きに使われている設定になっていて、これだけのシステムとなると単なる仮想現実ではなく、紛れも無い「クラウドコンピューティング」の世界である。そして、このアニメの冒頭で「アクセスはお持ちのパソコン、携帯電話、テレビ等から簡単に出来ます。」と言っているのだ。つまり、テレビも単なるテレビではもうダメ(3Dなんてトンチンカン)で、クラウドを含めたネットワーク端末機能を持ったテレビを開発しなければ世界をリードしていけないと個人的には思う。当然、テレビであるから、音楽コンテンツや映像コンテンツのネットワーク上からの取得はデフォルトとなるであろう。勿論こうした物もクラウドからの取得と言う事に将来的にはなって行くんであろうが。

 今後10年、もしくは20年後、一般家庭からはパソコンなるものは無くなって居るのかもしれない。そして、インターネットでテレビから、携帯電話から、ゲーム機から、PDA等からクラウドにアクセスし今のパソコンでやる事と同じ事を場所を選ばずに行える様に成っているのかもしれない。もしかすると。変化はこれだけでは済まないかもしれない。今は、世界最速のスパコンは何処ぞの国のナントカ研究所の・・・と言っているが、その内、何処ぞの国の何と言うクラウド業者のスパコンが世界一速いなんて時代になってしまうかも知れない。

2010年10月11日 LONG記す

トップページに戻る