お金って何だろう

 かつて、アメリカの経営学者ドラッカーは言った、「金銭とは手段である」と。しかし、自分は先生の著書を読んだことは無いので、先生がこの言葉について何か解説をつけているかどうか迄は知らない。自分の亡父は金融界に生涯身を置いた言わば商人であったので「お金とは交換の手段だ」と言った、商人らしいそのものズバリな言葉である。しかし、何の捻りもウンチクも無い言葉である。ところで、本当にお金とは何物であろうか。自分は技術屋であるので技術屋らしく「お金とは道具である」と説きたい。だが、道具である以上特定の用途が無くてはならない。では「お金」と言う道具の用途とは何か・・・自分は「人間一人一人が持つ小さな力を大きく一つに集約する道具・・・それがお金である」と説きたい。決して交換の道具なんかでは無いのだ。

 例えば、ここに1本のボールペンがある。スーパーの文具売り場でいいとこ100円程度で売っている品物である。で、このボールペンを手にして、そこに隠された大スペクタクルを起想出来る人間がどれだけ居るだろうか。まず、このボールペンを企画した人間が居り、製品の図面を起こした人間が居り、原材料と成った石油を掘る事に係った人、ペン先になる金属やプラスチック軸の金型になる金属の鉱石を掘りだす事に係った人、そしてそれらを精錬し金属製品にし加工した人、それらを運搬した人が居る。そして、これらの材料を加工しボールペンの部品や材料を作るのに係った人、更に最終的にボールペンと言う製品に組み上げた人、そしてそれらを流通させた人、かなり端折ったが数多の人々の手を経て我々の手にボールペンが渡るのだ。それが締めて100円であるならば、100円と言う道具でこのボールペン作りに係った人々の力が一つに集約されてボールペンと言う製品になったと言えないだろうか。誰しもこのボールペンが一人の人間の力によって作られたものではない事は知っているし増してそこに在る訳でない事も知っているのだが、そんな事までは意識しないのが普通である。しかし、そう考えると100円はおろか例え1円であっても大金だと思えてこないだろうか。

 お金の歴史は意外に古く、クレオパトラやアレクサンダー大王のレリーフが刻まれた金貨が残されて居る位だから紀元前の時代から貨幣経済は有った事になる。自分は専門ではないから判らないが、もしかすると、国が国家として機能するために民の力を集約する必要があった。そこで、例え限定的ではあってもお金と言う道具が必要で貨幣経済が生まれてきたと言うのは考えすぎだろうか。事実現代の国家に於いてもお金と言う道具を抜きにその存在を語る事は出来ないであろうし、その力の行使も有り得ないと思う。ただ、このお金と言う道具は人間が創り上げた道具の中でも最高にその使い方が難しい物の様だ。100円、1000円は子供でも使うが、100億円、200億円ともなって来ると大企業や自治体、果ては国家でも手に余してくるようだ。なんと言おうかお金を使うのではなくどこかお金に使われるみたいになって来る。特にこの国の八ッ場ダム建設工事や諫早湾干拓工事なんかはいい例なのかも知れない。あれらの事業は本当に必要だったのかと言うとどうも疑問だ。絵に描いたようなお金に使われてしまった事業と評価されても仕方が無い結果ではないだろうか。やはり、お金は使っても、使われてしまってはマズいと思う。

 最近ふと思うことがある。リーマンショック以後、世は不況続きだが結局、この不況も人間がお金をうまく使えずに、逆にお金に人間が使われて仕舞った結果こうなってしまっているのではと思うのだ。このページの何処かでも書いた事だが、人間とは欲張りだ。ついでに勝手でもある。なぜ人がお金を欲しがるかと言えばそれはお金が「人の力を集約する道具」だからだ。「お金持ちに成りたい〜!」結構多くの人達が闇雲にこう思ったことが有る筈だ。そう、闇雲にそう思っているはずなのだ。理由は特に無く、有ったとしても漠然と「お金持ちになれば豊かな生活が送れるから」とか普通はそんな程度のものだ。それでは、お金持ちに成れた一握りの億万長者(成功者)達は自分達の持っているお金を上手く使えて居るのだろうか。これは自分の独断と偏見だがどうもそうは思えない。このグローバル化の世界に於いてはむしろ逆にお金に振り回されてしまっている場合の方が多いのではなかろうか。しかし、最初に書いた通りお金とはただの道具である。だから、本当に人間が賢くなって上手くお金を使いこなせれば皆が幸せに成れるはずだ。だから、本当に世界のリーダー達にはもっとお金という道具を上手く使ってもらいたいと願うのである。

 日銀が事実上のゼロ金利政策を発表した。自分は素人なので判らないが、どの程度効果があるか何とは無しに疑問だなあと思っている。今後第2弾、第3弾がもしかすると・・・。

2010年10月06日 LONG記す

 

トップページに戻る