生き物は何故死ぬのか

 自分が「何故人間は死ぬのだろう」と言う疑問に出食わしたのは父方の祖母が亡くなった小学校2年生の時であった。自分は素直にその疑問を父にぶつけて見たのだが、父は「さあ、どうしてだろうなぁ、きっと疲れきってしまうからじゃないかなぁ」としか答えられなかった。その後程なくして、我が家には百科事典なるものがやって来ることになる。小学2年生はおろか物心付いた頃から理科系人間の片鱗を見せていた何故何故坊やの自分に業を煮やした両親が買い与えたものだった。しかしそこには「何故人間が死ぬのか」という疑問の回答はおろかヒントさえも無かったのである。

 人間に限らず、「生き物は何故死ぬのか?」誰しもがこんな疑問に囚われたことがあるはずだ。「折角この世に生まれて来たのに人間は、生き物は何故死ななければならないのか?」、「死ななければならない必然とは何なのか?」この疑問に答えるために昔から多くの宗教や哲学者達がその答えを模索し、そしてある程度の回答を与えて来た。しかし、人間の自然科学の力は恐ろしい、そんな疑問にまで何とも無味乾燥な素っ気無い回答を与えてくれる。曰く、「生命の多様性を維持、発展させるために生き物は死ななければならない」。一見して意味不明の文章ではあるが実はここに深〜い意味が込められているのだ。言い換えれば、生物の死は新しい命の誕生と必ずセットでありそれぞれを個別に語ることは出来ないのだ。つまり、生き物は死ぬからこそ新しい生命の形へと進化するとも言えるのだ。

 生物がこの地球に発生して以来35億年とも40億年とも言われているが、何れにしても以来この地球は環境が激変する荒ぶる大地であり、決して生命の揺り籠などではなかった事が知られている。つまり、その上に棲む生き物にとっては地獄みたいな所であったわけだ。当然、そのような原始地球に於いては我々人間のような複雑な生命体は存在するはずもなく単純な原始生命体のみが存在していた。そしてその環境激変地獄にあっても原始生命は生き続けなければならなかった。しかしどうやって、恐らく、細胞分裂の際に自らの体を作り変える事によって新しい力を獲得して行ったのだろう。いうなれば、抗生物質の中で耐性を得る細菌が如くである。よく、「大腸菌の様な原始的な生き物は不死だ」と言う人がいるが、そういう意味で自分はこれは可笑しいと思う。大腸菌の様な原始的な生物も基本的には細胞分裂の際に旧世代の大腸菌は次世代の大腸菌の土台となって死ぬからである。つまり、生命は正に原始生命の時代に既に自らの肉体を作り変える能力と引換に死を選択したことになる。時代は下り多細胞生物の時代となり、生物そのものが複雑怪奇になってくると、動物であれ植物であれ親が子を生むようになる。恐らく、ここでも進化は新しい世代の発生過程で起こるのだろう。そして、使命を果たした旧世代の生命は寿命を迎え死ぬのである。

 「生き物は何故死ぬのか?」と言う命題に対する答えそれは「生命が進化するため」であった。逆を言えば、「死なない生き物が居ればそれは絶対に進化しない生き物だ」とも言えるのだ。いや、生き物も何らかの構造物である以上、その構造が破壊されればそういう生き物も結果的には死ぬわけだから、そんな生物は一刻存在し得たとしても直ぐに消滅してしまう運命にあるわけだ。そう考えるとそんな生き物は居ないと言えるかもしれない。自分は電気屋なので直ぐにラジオを考える。今、中波(MW:530〜1610kHz)ラジオに短波受信機能(SW1:3.5MHz〜12.5MHz)を付けたいと考えたとしよう。実際には口で言うほど単純な改造ではなく、回路、部品、構造がガラリと変わってしまうほどの大改造になってしまうはずである。そして、改造後の機体は果たして改造前と同じと物と言えるだろうか?。生命も結局それと同じである。何か新しい能力を獲得しようとしたら体の構造をガラリと変えなければならない、その為に世代交代を繰り返してきたのである。

 前回の更新から早半月が過ぎてしまった(^^;。実は別件の記事をまとめているのだが難しくて悩んでいるうちに半月が過ぎてしまった。こりゃいかんというわけで、慌てて今回記事をデッチ上げて掲載となったのだが、ウ〜ン。(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;。

2010年10月31日 LONG記す

トップページに戻る