2TB(テラバイト)超のハードディスク

 先日、秋葉原の行きつけのパソコンショップに行ってみたら遂に3TBのハードディスク(以下HDD)が入荷していた。そのお店の貼り紙では「人柱募集中!」と書いてあった。そう、この容量のHDDになると単一ドライブとして扱うには64ビット版OSが必要になるのだ。Windows XPの様な32ビットOSで扱うには2TB未満のパーテイションを切って利用するしか無いわけだ。お店としてはその辺も含めての「人柱募集!」であったのかもしれない。細かい理論は解らないし、OSの仕様によって若干状況は異なるかも知れないが、基本的には2TB以上のHDDを単一ドライブとして認識するには64ビット版OSが必要になるらしい。とあるパソコン雑誌の記事には「HDDの大容量化が32ビットOSに引導を渡す!?」なんて見出しでこの3TBのHDDが市場投入されたことが伝えられていた。まあしかし、Windows XPをはじめとした32ビットOSが無くなるか否かは別にして、現在ある2TB未満のHDDがそう簡単に無くなってしまうかというと、そんなことは無いような気がする。

 何故かと言うと、この2TBという容量と言うか情報量、実はとんでも無い情報量なのだ。16ビットOSから32ビットOSに移行したときにもこれと似た様な壁、即ち2GBの壁があった。ま、2GBもとんでも無い情報量なのだが、しかしミュージックCDの持つ情報量を平均500MB程度とすると、2GBでは高々ミュージックCD 4枚程度にしかならず、当時の2GB未満のHDDはその大容量化の波と共にあっという間に消えて無くなって行ってしまった。もっと言うならその後現れた2GB以上のHDD達も次々とその大容量化の波に押し流されて行ってしまった訳だ。しかし、現在の2TBと言うサイズはどうかと言うと、同じ基準で単純計算しただけでミュージックCD 4000枚分にもなる訳だ。もっと別の基準ならどうかというと、例えばDVDビデオの平均容量が約6.5GBとすれば2TBでは約307枚分の容量になる。つまり、現在のHDDは個人利用の目的の上では充分過ぎる程の記憶容量を持っている訳だ。もっとも、それ故に逆にHDDのバックアップをとるための充分な容量を持つリムーバブル(コールド)メディアが無いと言う事は、逆に皮肉と言えば皮肉かも知れない。

 更に自分にそんな大容量メディアの必要性を余り感じなくさせるものがある。最近何かと話題のクラウドである。つまり、現在は音楽や映像・書籍などのコンテンツは多くが個人の自宅に置いてある状況にあるが、近い将来クラウドにアクセスして見たい物を見、聞きたいものを聞けるようになれば、そうしたものを家に置いておくことすら無くなるのではないかと感じている。つまり、今は多くのコンテンツを自分の近くに置いている為にそれをストレージする為の巨大なHDDが必要になってくる。自分でこれらのシステムのメンテナンスをする必要にも迫られる。しかし、クラウドから必要なコンテンツが何時でも取得できるなら、それなりの費用は掛かるかも知れないが自前でストレージを用意する必要もないし当然メンテナンスの必要もないわけだ。しかも、今後クラウド型のストレージサービスまで登場する方向のようなので、果たして何時まで個人の家に巨大なHDDをおいておく必要が有るかというと、個人的にはちょっと疑問な部分もある。

 勿論、より大容量のHDDへの市場ニーズを否定するものではないが、1GBや2GBのSDカードがその特殊事情からしぶとく生き残って居る様に1TBや2TBのHDDも今後しぶとく生き残って行くのでは無いかと考えるのは自分だけだろうか。実際、パソコンに搭載されるHDDは最も割安な容量を持つHDDと相場が決まっている。今後のHDDの値段の推移には非常に興味が惹かれるが、一方でどんなHDD商品が今後ラインナップされていくかも興味が有るところだ。

 

2011年11月30日 LONG記す

 

トップページに戻る