BBSの時代だった

 自分が駆け出しの技術者だった30年ほど前、シャープさんのPC-1500というポケットコンピュータを手にした。確かシャープさんオリジナル8ビットCPUを搭載しメモリ1.5kByte標準搭載、外部記憶装置はカセットテープレコーダと言う、今のパソコンの仕様から見ると玩具未満、ハードの上に直接BASICというインタープリタ言語が乗っかっており、今のパソコンようにOSなんてものは存在しなかった。今の若い人が聞いたら「え?、何ソレ?」とでも言いそうな仕様のシロモノである。しかし、当時こんなのでも現場の技術者は自分でプログラムを組み自分の仕事に充分役立てていたのである。しかも、当時既に電話線を通じてこの原始的コンピュータ同士を通信させるような事まで行われていた。「音響カプラ」と言う装置が当時あり、300bpsと言う恐怖の低速ながらもコンピュータのデータやプログラムのやりとりが行われていた。もっとも、当時のプログラムやデータはそのサイズが今のそれとは桁違いに小さかった為にこんな低速でもやりとりが出来たとも言えるだろう。

 時代は10年ほど下り1990年前後になるといよいよパソコン通信なるものが花盛りになる。インターネットはこの時代既に存在はしていたがまだ普及期には入っておらず、一般的なパソコンは未だモデムと言う装置を通して電話回線に繋がっていた。そして、企業や個人が運営するBBS局と言うパソコン通信サービス局に接続し掲示板に書き込みや自分の作品のアップロード、もしくは他のメンバーの作品のダウンロード等を行っていた。自分もこの頃は若く毎日数キロバイト位の書き込みはヘとも感じ無かったがさすがに50を過ぎた今となっては頭も硬くなったか文章を書くのも中々に応える。そう言えば、CD-ROMなんてものが出てきたのもこの頃だと思う。書き込みの出来るCD-Rなんてものはまだ存在しなかった。その後、Windows95 が発売されてからインターネットが普及し始めることとなる。

 自分がダイアルアップでインターネットを導入したのが2000年、光に乗り換えたのが2003年だから光回線はともかくインターネットはそんなに早い方ではない。なぜか、やはりダイアルアップでは必要なデータ(プログラム)取得に時間が掛かるため、インターネットの用途がメールかページ閲覧かに限られてしまうといった事情があったと思う。実際90年代後半の自分は必要なソフトはほとんどをCD-ROMで調達していたように思う。そうすると、つねに最新版が手に入るとは限らないのだが、それでも構わないと割り切っていた。それで、実際殆ど不自由を感じたことがなかったわけだ。

 インターネットとパソコン通信との違いは何か?、色々な答えがあると思う。ある人は「インターネットは希薄だ」と言い、ある人は「パソ通は閉鎖的だ」とも言う。いずれも的を得た発言だと思う。しかし自分はパソコン通信とインターネットの最大の違いはその普遍性にあると思う。パソコン通信はあくまで局所的であり、ある点と点を結ぶ通信手段に過ぎなかった。しかし、インターネットは無数にあるサーバとクライアントが自由に接続できるという特徴を持っている。勿論、物理的な制約はあるが、そういう事を除けば正に自由なわけだ。しかし、ここに大きな落とし穴があるとも言えるのかも知れない。パソコン通信の時代から「ネカマ」(ネットオカマの意)と呼ばれる連中が居たがインターネットの時代の現在はもっと酷いのが沢山居てネットで顔が見えないのを良い事に人をだまくらかそうと手ぐすねを引いている。こんな奴らの餌食に生らないように気を付けねばなるまい。

 

2011年11月26日 LONG記す

 

トップページに戻る