物の適正価格とは?

 家で使っているシチュー鍋の底に穴が開いた。亡母の代から使っているアルミ製でもう20年以上使っているか。文字通りのシチューを煮ていて、そのうち「ジュッジュッ」と音を立て始めたので何事かと思い見に行ったらなべ底から煮汁が漏れているではないか。慌てて中身を別の鍋に移したが、もうこのお鍋はお役御免である。長い間お疲れ様とばかりに丁寧に洗い処分の準備をし、翌日新しいシチュー鍋を近所のスーパーの金物売り場に見に行った。ステンレス製直径22センチのシチュー用深鍋\1270とある。「はい?」一瞬目を疑う。すると、「中国製」と書いてある。なるほど、しかし、国産ならどう安く見ても\4000〜\5000、いやそりゃアルミ鍋、ステンレス鍋なので\7000〜\8000はするであろう品物が中国製なら\1270かい。結局この鍋を購入したのだが、そう言えば同じスーパーの文具売り場では¥97の電卓が売っていた。しかも、平方根・パーセントキー付の8桁ソーラー電卓だから呆れてしまう。これは間違いではない、\97の電卓があるのだ、電卓1台が\100しないのだ。よく見ていないから断言は出来ないが多分これも中国製ではなかろうか。「安けりゃイイのか!!」、思わずそんな言葉が出てきてしまう。

 物が安いと言う事は果たして良い事なのだろうか。確かにそれで世の中がつつがなく回っているのなら良い事なのだろうが、今の日本を見ていると単純にはどうもそうは思えない。そもそも、現在の価格の安さは国内で作っていたものを労賃の安い海外で作ることで実現されている。つまり、その分国内では仕事が無くなっているわけだ。結果、若い人達でもなかなか定職に就くことが出来ず期間労働者や派遣労働者の身分に甘んじ、身分が保証されないまま低賃金で働かされているわけだ。果たしてこんな事で良いのだろうか。幾らこんな鍋や電卓や衣服が安くなっても、こんな人々の数ばかりが増えていってしまっては本末転倒ではなかろうか。

 最近の財界や大企業のトップの発言を聞いていると自分の会社が生き残る為の方策についてはよく耳にするが、昔のように日本と言う国に対してどうするとかどう在るべきなんて発言は聞かなくなったような気がする。企業のトップにしてみれば自分達が生き残るのに必死なだけなのかも知れないが、そこに何処か殺伐とした矛盾見たいなものを感じているのは自分だけだろうか。

 日本は元々福祉に薄い国だが、少子化の問題で今後益々薄くなるであろうことは眼に見えている。そこに持ってきて、海外からのこうした激安製品の氾濫で国内では若い人達も仕事に就けないとなるとどうなるのだろうか。食い詰め人口が増加し、結果として犯罪発生率が高くなり、結果として社会が負担する費用は増加の一途を辿り益々国庫を圧迫することに成りはしないだろうか。

 

2011年11月17日 LONG記す

 

トップページに戻る