映画「禅」を観て

 「禅」と言う映画がある。2009年度の角川映画の作品だ。先日、家のお寺関係でこの映画を観る機会があったので、今回はこの映画についての感想を記したい。この映画は、日本曹洞宗の開祖、道元禅師の伝記映画である。ただ、劇映画作品と成っている為にかなりの脚色が為されており史実の道元とは若干違うであろうことは頭の隅に置いておかねばならないだろう。尚、映画全体を通して宗教的教宣要素が極めて薄いことや、この手の映画にありがちな奇跡や法力の描写がない事も好感が持てる点である。

 映画は道元の母親が荼毘(だび)に付されて居るシーンから始まる。その前で合掌する幼き道元、そこで病床にある母親との会話を回想する。「阿弥陀様におすがりすれば、人は亡くなってからお浄土に行けると言いますが本当でしょうか?」と母親、「分かりません、でも、亡くなってからお浄土に行っても仕方が無いと思いますが」と幼き道元。「私はそなたとここに居ることが出来る、こここそが浄土」と語る母親。「その通りです、母上。こここそが浄土でなければなりません」と道元。すると母親は言う「ならば、このお浄土にありながら、なぜ人は争い、病に苦しみ、死の苦しみから逃れられないのでしょうか?」その後この母親は道元にこの苦しみから抜ける道を探すよう遺言してこの世を去る。この事がキッカケとなり長じて道元は出家し留学僧となり宋(中国)に渡り理想の仏法を求め放浪する。その流浪の末、道元は座禅に出会いこれを修行、修めて帰国する。帰国後道元は座禅の布教活動を開始するが、その活動内容に不信を持つ比叡山の僧兵たちにねじ込まれ、ついにはその修行場を焼打されてしまう。これを機会に道元は後援者の力を得て越前に永平寺を建立しここに修行の本拠地を移す。のち、可愛がっていた弟子がちょっとした過ちを犯しお山を自ら降りていく下りや時の執権、北条時頼を救うエピソードが語られ映画は幕となる。

 この映画においては、道元が導いた悟りとは何かについてが中心に語られていたように思う。即ち、座禅を組む事によりありのままの姿を見ること、物事の本質を捉える事が悟りとする考え方だろうか。これは、物語の終りの方で北条時頼が「ただ座ることの何処に正法等あるのだ」と問うた時、道元は「それは大海にあって水がないと言うに等しいのです」と答えた会話に象徴されている。ただ、やはり残念なのは道元自身も人間であり若い頃にはそれなりの悩みや葛藤も有ったはずである。そうした事が描ききれていない点や、更には、帰国してどの様にして支援者、後援者を得て行ったのかや、教団設立後のリーダシップの発揮の仕方の描き方が中途半端な点等、2時間強の映画では無理ではあるが、むしろこの映画を見たからこそ逆に興味が掻きたてられた部分もある。特に、映画では外敵として比叡山の僧兵がその象徴とされていたが、昔から言うように最大の敵は自分であり、内に在るものである。道元自身がどのように自分を律し、リーダーシップを発揮していったのか、また周りの人間がどの様に道元に共鳴し協力していったのか?ここらへんは最近余り良い話題のない日本に生きる自分にとって大いに興味がある所であった。

 自分はどうも生まれつきの理科系人間なので子供の頃からミもフタも無い考え方をする癖がある。幼い道元の言う「その通りです、母上。こここそが浄土でなければなりません」と言うセリフを聞いて何を思ったかと言うと「それは違うぞ」である。では何なのかと言うと「所詮、浄土とか天国とか地獄とかは人間の価値観に過ぎずこの宇宙はこの宇宙」である。で、ここまででも充分ミもフタも無いのだが、更に「この地球上に生物が居るということはこの地球が天国と言うより地獄だからだ」と平然と言い切ってしまう。挙句に「この世に勝る地獄なし」なんて格言まで作ってしまう始末だ。まあ、ヒネた解釈だがこの世が地獄だと解釈すれば道元の母親の疑問に全て説明が付く訳である。しかし、人間は一人で生きるものではなく、多くの人間が集まり、力を合わせ協力しあって生きていくものである。そして、そうすることによって人は自分達が生きる世の中を浄土に近付けることが出来るのだとお釈迦様や道元禅師は教えて居るのではないかと思う。

 

2010年11月10日 LONG記す

 

トップページに戻る