教育を考える

 この間、中国の上海が国際学力テストで一位を総ナメして話題になった。一方で日本は順位を上げたものの学力の低迷状態が続いて居るようである。まあ、こうした学力テストと言う話題になると順位や得点といった話になりがちで、自分は余り好きではない。本来教育に最も必要な視点はそうした他人との比較ではない、本人がどれだけ努力し伸びることが出来たかがもっとも重要な視点だと思うからだ。そもそも、教育とはそれを受ける子供たちの物心両面に於ける豊かな、かつ幸せな人生を祈って授けられるべきものである。しかし、一歩間違えるとこれが教育を受ける子供達本人の親の見栄に化けたり、下手をすると教育関係者の喰い物に成ってしまったりするから始末に終えない。例えば、我が日本においては、1980年代に小学校に於いて電卓の授業を導入するとかが一時行われたが、こんなのは確実に子供達を喰い物にした教育と言えるだろう。何故なら、電卓なぞそのボタンを押せば答えが出てくる計算道具だからだ。そんなバカな事をする位なら何故その時にソロバンの小学校必修化をしなかったのかが悔やまれる位である。

 今を例に取るなら英語がいい例になるのだろうか。インターネットの時代の現代、英語は国際標準語として最早必須の言語であろう。何故英語がその地位を固めたかは色々とあるだろうが、やはり、言語として簡単であったというのが最も大きいであろう。我々の時は英語というと中学からだったが、今は小学校4年生から始まるのだろうか?。自分は語学で苦労した人間だが、こうした語学教育は実は始める年齢は中学校だろうと小学4年生だろうとさして変り無いと思う。むしろ、そんなことより問題なのは、日本の今の英語教育がそれを受ける子供達の為と言うよりも、むしろそれを授ける側の為の教育内容になってはしないかと言う事だ。文法中心、教科書丸暗記主義の語学教育がどの程度の役に立つと言うのであろうか。簡単な例文ではあるが無味乾燥な教材を与えられた子供達にとって英語とは面白くも何とも無い言語と写っては居ないだろうか。それならば、初めて英語を学ぶ子供達に教材として「ハリーポッターと賢者の石」や「不思議の国のアリス」の原書を与えて英語教材とした方が良くはないだろうか。こう言うと「そんな、いきなり難しすぎる!」と言う大人が居るのだが、実はそんな事は無いのである。なぜなら、英語もれっきとした言語であり暗号ではないのだ。我々日本人が誰に習うと言うわけでもなく自然と日本語を操れるようになった様に、アメリカ人やイギリス人は自然と英語が話せるようになった。増して子供達には先生という指導者が付いて原書を読み始めるのだ、読めないわけは無いのである。そして、子供達が英語をマスターするのになにより重要な鍵になるのは、子供達が「面白いな、楽しいな」と思う事なのだ。

 そう、今の日本の教育に最も欠けている点は、この教育を受ける子供達の身になった指導要領だろう。教育を受ける側の身になった指導要領でなければ実際教育を受ける側にとっては面白くも何とも無い。いや、それだけならいいが、実際拷問に等しい物にさえ成りうることだって有るわけだ。教育はそれを受ける本人が「面白い・楽しい・興味深い」等の関心を持たなければ効果を発揮しないのがふつうだからだ。加えて教員の指導力不足、生徒の側がビックリしてしまうような不適切な例題を出す教員のニュースが時々聞かれることからも明白であろう、当然、時折学級崩壊のニュースも聞かれるわけだ。そんな日本であれば、国際学力テストでの成績が振るわなくてももしかすると当然と言えるのかも知れない。

 しかし、自分に言わせれば国際学力テストなんぞ「糞喰らえ」である。教育本来の目的は国際学力テストで一位に成ることではなく、一人前の人間を育て上げることだからだ。中学から大学卒業まで10年間英語を勉強しても英語を話せるようになれる人間が殆ど居ないこの国の教育はある意味破綻していると言えるかも知れない。更に言うなら、我々の世代が子供の頃はOECD加盟国では日本が最も国家予算を子供の教育に充てていたそうだが今は最もお金を掛けない国に成り下がってしまったらしい。今、日本人は本当の意味の教育と言う言葉を忘れてしまっているのかも知れない。特に、国の上の方にいる人達はそうだ。だから、国際学力テストの様な結果ばかりに目が行ってしまう。教育こそ国家100年の計である。それをこんな行き当たりばったりいい加減にしてきてしまった国が有るだろうか。今からでももう一度考え直してもらいたいものである。

 

2010年12月16日 LONG記す

 

トップページに戻る