断捨離の時代

 「断捨離」と言う言葉を知っているだろうか。自分も正確なところは良くはわからないのだが、さしずめ、「過去との柵(しがらみ)を絶ち、自分を縛っていた物を捨て去り、それまでの考え方から離れる」と言った処であろうか。元々の出典が何処にあるのか興味深いところではあるが、多分仏教用語か何かであろうか?。で、最近、この断捨離が大流行だというのだ。断捨離をする人それぞれの立場や視点でその実行する力点も違ってくるとは思うが、早い話が家の中にある、と言うか散乱するというか、大量の荷物を思い切って捨ててしまうことには違いない。で、自分はこの「捨てる」と言う部分に妙に共感を覚えるのである。なぜなら、自分はインターネットが普及し始めた1995年頃から時代が少しずつ変わり始め、2005年頃を境に時代が完全に変わったと感じている人間の一人だからだ。父母の遺品はもとより、自分が子供の頃から好きで掻き集めてきた大量のLPやCDのコレクション等、これらの品物の多くを最早持っていても仕方が無いのではないかと感じ始めて居る。勿論、一方では迷いも当然有るにはあるのだが、自分もある意味何時までも生きている訳ではない。50を過ぎた今、そろそろ断捨離をして死に支度をする、と言うと言い過ぎかも知れないが、実は今、ヒシヒシとそれが出来てしまう、と言おうか、しなければならない時代を感じているのである。

 昔はLPやCDやDVD、書籍などのソフトウェアライブラリをどれだけ沢山持つかがある意味豊かさのバロメータであった。逆を言えば、自分が読みたい物、見たい物、聞きたいものは自分で持っていなければ何時鑑賞出来るか保証されなかった訳だ。だから、当時は皆、誰しもが欲しいと思ったタイトルを掻き集めたわけだ。例えば、自分は子供の頃から洋楽クラシックが大好きで、特に高校以後はバロック音楽を特に好むようになった。で、この辺の時代を中心とした作品群の(アナログ)レコードを山と集めた訳だが、若い頃(1970年代後半)はこれらのレコードを買ってくると直ぐにカセットテープにダビング(コピー)して、コピーの方を再生していたものだ。蛇足だが、LPレコードは再生すれば減るからだ。では、今はどうかと言うと当然のことながら、そんなカセットの再生なんてして居ないのである。では如何しているのか?、インターネットラジオである。ただ、流し聞きするだけならそれでも充分なのだ。確かに、インターネットラジオでは自分の好みの曲を演奏することまでは出来ないが、しかし、自分の好みのジャンルの曲までは聴く事が出来るのだ。と、すれば、細かいことの是非は別にして、唯音楽を聞くという点だけを考えれば既に膨大なLPやCDのコレクションは断捨離の対象になってしまうのだ。特に今、年をとったせいか若い頃の様に深く音楽を聴き込むと言った事も少なくなったので尚更である。

 そう、自分の場合、断捨離を考えるにはインターネットの存在が不可欠だったかも知れない。今後のインターネット発展に期待する部分も大いに有るといえば有る。インターネットが発展し、多くのコンテンツがインターネット上から何時でも安価に自由に取得できるならば、書籍、CD、LPなんかを常に自家に置いておく必要は無いからだ。良くは知らないが、例えば今はCDが売れないとか本が売れないとか言われている。しかし、出版業界も音楽業界もビジネスモデルを旧態依然としたもののままにしていてはダメであろう。やはり、これからはクラウドの時代である。ならば、それに合わせたビジネスモデルを考えてデジタルコンテンツ化された音楽や映像・書籍等を頒布することを考えないと駄目ではないだろうか。例えば、各出版会社やレコード会社毎の会員制の倶楽部である。各社は会員を募り会費を収めてもらう、一方でクラウドから会員に書籍コンテンツの閲覧や音楽コンテンツの視聴を許可する、簡単に言うとそんな感じだ。まあ、実際にはそんな単純には行かないだろうが既にi-padでは電子書籍の頒布を成功させているわけであるからこの辺は大いに学ぶべきところがあると思う。

 断捨離、今年はもう終わりなので、来年はこの妙な響きのある言葉を実行すべく頑張りたいと思う。それにしても何処から手を付けたら良いものか?。考えても仕方が無いのだが、う〜む。

 

2010年12月21日 LONG記す

 

トップページに戻る