少子化を考える

 いま、日本は少子高齢化に喘いでいる。それも半端ではない。一部の自治体では今までどおりの住民サービスや自治体資産を維持出来なくなってきている程である。昔は街の公園にはそこで遊ぶ子供達の声で溢れていたが今はその影すらもない。一体、何故このような社会になってしまったのだろうか?。そもそも、この国で少子化が叫ばれ始めたのは昨日今日の話ではない。自分がそろそろ学校を出る頃から少子化が言われ始めたのだからもう30年も前の話である。そして30年間、自分の知る限りこの国の取ってきた少子化対策は表面的な補助金政策だけであった。本気で少子化対策をする気があるのか疑わしくなる、いや、もしかすると政治家にも、また優秀だとされている国の高級官僚にもそれを考える頭が無いのかもしれない。全く情けないという以外の何物でもない。ただカネを出すだけならサルでも出来るのである。

 少子化は何故起きてきたのか?、まずはそれを考えてみたい。昔は、生まれた子供は親元で育てられる期間が現在より短かったと思われる。例えば江戸時代、子供はある程度親元で育てられた後、10歳前後で丁稚奉公(でっちぼうこう)に出された。基本的な事は寺子屋でやってはいても、本当の読み書きソロバンは奉公先で習ったのであろう。時代は下り戦後になってもしばらくは中学を卒業して就職が普通のパターンであった様に思う。しかし、日本はこの後から急激に高学歴化が始まってくる。子供の高学歴化は子育てのコストを増大させ親の肩に重くのしかかって来る。ある意味これが少子化のひとつの要因だろう。しかし、これだけではない。産婦人科医や小児科医の減少、女性の社会進出が進む一方で子供を預ける保育施設の不足等本来国が真っ先に考えて進めなければならない筈の事がこの国では為されてこなかった。ある意味、働く女性にとって子供は邪魔な存在と写っては居ないだろうか。これでは、少子化が加速して当然と言えるのかも知れない。

 「女性は子供を作る機会ではない」とよく言われるが、しかし、子どもを生むことは女性にしか出来無い事でもあるのだ。男には逆立ちをしても子供は生めない、せいぜい出来て種付けまでである。ならば、少子化対策をするにはせめて世の女性達が「赤ちゃん欲しいな」「子供育てたいな」と思うような社会環境を整えなければ少子化対策には成らないのではないだろうか。子供一人につき一万や二万の補助金では子どもは育たないのである。そこの所、上にいる人達は分かっているのであろうか。そんな金があるなら夜間でも子どもを預けられる24時間保育所の整備をするとかした方が良くは無いだろうか。深夜子どもを預けて働かなければならない女性も沢山居るのである。少子化対策をするには、極論するなら結婚は前提ではない、きちんと子育て出来るならばシングルマザーでも良いのだ。ただ、その為の環境を社会が如何に与えてやるか、やれるかが問題なのだ。そう考えると産婦人科医や小児科医が減る一方で歯科医は全国のコンビニエンスストアの数より多いというこの国の姿は既に破綻状態にあると言って良いだろう。

 これは自分の推測だが、おそらく昔は何処の国でも子供は社会で育てたものだったのだと思う。勿論その子どもを生んだ親の責任という物は昔も今と変わらずにあったろうが、昔は今以上に人間一人一人が密接に結び付いていた為に皆で子どもの面倒を見たと思う。自分が子供の頃を思い出しても近所の子供達が集まって遊んでいたものだ。で、その中に必ずと言って良い程ガキ大将が居りこれが子供達のリーダーになっていた。近所には必ず口うるさい爺さん婆さんが居て、何か外で悪さをして家に帰ると親はその事を既に知っていて家に帰るなりどやしつけられたものである。つまり、当時は親の情報網もそこそこあった訳だ。しかし、今はどうであろう。近所付き合いも少なく、自分の子供が外で何をしているのかも判らない有様だ。中高生の子供ならいざ知らず、小学校低学年の子どもが外で何をしているか判らないのだからお寒い限りである。少子化対策をするには、やはりこうした皆で子供達を育てていくんだという心に立ち返らなければならないのかも知れない。

 

2010年12月31日 LONG記す

 

トップページに戻る