国とは何か?

 今、日本は病んでいる。街中を歩いていても、空きビルや、空きフロアが有るビルをチラホラと見かける。それも、長期に渡ってである。立地は決して悪くはないのだが長い間空き物件となってしまうのだ。借り手が現れない、即ち単なる不景気と言うより、新しく事業が興って来ない社会状況になってきていると自分は感じているのだが間違いだろうか。若者も職にあぶれる事態に生っている。終身雇用制が壊れた今、旧態依然とした採用制度のままではフリーターを増やす一方ではないかと心配するのは自分だけだろうか。卒業後」三年以内は新卒扱いするとか何とか聞くが、もっと抜本的な事社会変革をしないと益々社会不安が増し犯罪に手を染める若者も増えては行きはしないだろうか。また、新卒者の「寄らば大樹の陰」嗜好から求人と求職のニーズが一致しない問題も去る事ながら、国が若い新卒者達に「こう言う有力中小企業が有りますよ」と情報を与えられない部分も大きいのではないだろうか。次に我々年寄りの問題である。国は盛んに年金財源のことを気にしているみたいだが、中途半端な改革案で解決するようなものとも思えない。働ける者は出来る限り働く、生涯現役社会の仕組みを作り、本当に働けなくなった者のみ国が面倒を見る位の仕組みを作る覚悟がないと解決しないのではないだろうか。子供たちのことも問題だ。少子化なのに子供たちを預ける保育園が足りないとか、産婦人科医や小児科医が足りないとか子供たちに関する問題は山積みである。更には領土問題もある。ロシア、中国、韓国と領土問題を構えているにも関わらずこの国は中途半端な対応に終始してきた。そこで、今回は「国とは何か?」について考えてみたい。

 自分は「国とはそこに住む人々の力を引き出すシステム(仕組み)である」と考えている。大昔、未だ国というものが存在せず、人々の暮らしが集落(ムラ)単位であったときは、その役割はその集落が請け負っていた。人間は一人では生きてはいけない、元々人間一人の持つ力など限られたものである。だから人間はその歴史が始まった頃から集落という集団を作って生きてきたのだと思う。ある者は道具を作り、ある者は機を織り、ある者は狩りをし、ある者は畑を耕し・・・とそれぞれがそれぞれの出来ることを、その力を所属する集団の中で発揮して来た。しかし、その集団の中にあって、それがバラバラで秩序なきものであれば集団の力として力が発揮されない為集団を作っている意味はなくなってしまう。そこで、その集団を統率するリーダーが必要になってくる。リーダーの仕事は唯ひとつ、集団の力を一点に集中しその集団としての目的を達成させることだ。例えば、狩りなら獲物を取る、農作業なら収穫物を得る、外敵の排除なら敵を駆逐するといった具合だ。その為には何が必要かをリーダーは考え、必要な情報や知識を集積することから始めるのだろう。

 時代が下り、集落がクニに、そして国家となり国の規模が大きくなっていくとその行使する力もまた比べ物にならない位大きくなってくる。そして先のリーダーも単なるリーダーではなく特権階級となり大きな権力を振るう様になってくる。ここで、この特権階級に居る者達の意識がその国を栄えさせるか滅ぼすかを決めると言っても過言では無いだろう。即ち、特権階級に居る者たちが、自分達の持つ権力や権限が何の為に有るかを自覚し全知全能を尽くして国家国民の為にそれを行使するのであれば、少なくとも国が沈むことはないであろう。しかし、えてしてこの特権階級に居る者たちが「俺は偉いんだ」と言った具合に国家国民の上に「あぐら」をかいてしまう場合がある。こうした履き違えを興した国は悲劇である。衰退の一途を辿るのみだからだ。

 この間、北朝鮮の韓国・延坪島への砲撃事件が発生し、日本の総理官邸が動いたのは事件発生後七時間も経ってからだった等と報道が為され、野党は与党を責めて居る。しかし、与党だけを責めれば済む問題だろうか。むしろ、この国の官僚機構を含めた危機管理体制や危機認識の甘さを問題視すべきであり、もっと言うなら政治家全員の意識の問題とも言えないだろうか。ある意味、この国日本も政・財・官界の特権階級の一部の人々が国家国民の上に胡座をかいてしまっている国なのだ。だから欧米に比べて医療のドラッグラグがありデバイスラグがあある。一方で外国人に国土が買い占められているにも拘らず何の手も打てずに居る。更に国会ではこの国の大変な時期であるにも拘らず与党はまとまらず野党は足の引っ張り合いばかり、そこを中国やロシアに見透かされ今回の尖閣諸島や北方領土の一件になってはしないだろうか。財界も財界で、名指しは避けるが、日本で成功し大きくなった企業の会長が「今後日本での売上は期待できないので海外に行きます」と言いある意味「日本なんて商売にならないから知りません」と言わんばかり。まるで、一人で大きくなった子供のセリフみたいなことを言う。やはり、人の上に立つ人間が勝手になると「国の衰退」が顕著になるのではないかと思う今日この頃である。

 

2011年12月08日 LONG記す

 

トップページに戻る