お日様を食べる話

 新年が明けて最初の記事は「お日様を食べる話」である。実は、「お日様を食べる」と聞いて直ぐにピンと来るような人は相当理科系マインドに恵まれた人だと思う。「お日様?、そんなモン、俺は食ってねえ、一体何の話だ?」とか「新しいお菓子?」とか言うのが普通だからだ。しかし、実は地球上の生物は一部の例外を除いて太陽エネルギーを源として生命活動をしているのである。かく言う我々人類も例外ではないのだ。とは言え、人間を始めとする動物は直接太陽エネルギーを自分の体内に取り込む能力が無いのは知っての通りだ。よって動物は、太陽エネルギーを直接体内に取り込む事の出来る植物を直接・間接に食べることで太陽エネルギーを摂取するのだ。つまり、我々は間接的にではあるが「お日様を食べている」と言う事になるのだ。

 植物は光合成を行うことによって太陽エネルギを直接体内に取り込むことが出来る。ただ、日本の学校教育では「植物は光合成を行う」とは教えてはいても「植物は光合成によって太陽エネルギを体内に取り込んでいる」と迄は余り教えては居ないだろう、この辺は日本の学校教育の盲点だと思う。少し話が横道に逸れた。で、実はこの太陽エネルギを一番有効に使っているのが自然界の生物たちなのだ。で、この植物は二酸化炭素と水と太陽光で光合成を行い酸素と糖質(澱粉など)を作り出す。ただ、糖質を作るには若干の地中のミネラル分即ち燐や硫黄と化学反応を促進させる触媒となる金属元素が必要だ。だが、何れにしても植物たちがやっていること、地中にあるありふれた物質でやっているはずである。そう、例えばヨウ素やマグネシウムなんかが触媒になっているはずなのだ。そうして、植物は太陽をエネルギ源として糖質を作る。しかし、それは何も動物に食わせる為ではない、自分が生きるために糖質を作るのだ。

 で、この植物たちを喰らって生きている生きもの達が草食動物達だ。草食動物達は植物達の持っている糖質や脂質を食べる事で生きていられる、これらは植物達が太陽から蓄えたエネルギそのものなのだ。即ち草食動物達は間接的に植物から太陽エネルギを摂取しているわけだ。そして、草食動物達は植物達を食べ自らの肉体を作る。そして、こんどは草食動物たちをを肉食獣達が食らう。肉食獣達は草食動物達の肉や脂をエネルギとする。しかし、それは元を正せばやはり太陽エネルギなのだ。こう書くと地球上の生物は全て「お日様を食べる事で生きている」みたいだが、冒頭に書いたようにやはり「お日様を食べない」例外の生き物がいるのである。それはどんな生きもの達かというと、太陽の光の届かない地中深くに暮らす生きもの達や深海に暮らす生きもの達である。彼らは太陽エネルギに頼ることが出来ないため、地球そのものにエネルギ源を求めて生きているのだ。彼らは地球を食べているのである。

 先日、昨年(2010年)ノーベル化学賞を受賞した根岸教授が人工光合成のプロジェクトを立ち上げたとのニュースが飛び込んできた。これはかなり(いい意味で)野心的と言えるものだ。これまでは、太陽光を用いてヨウ素を触媒に水を水素と酸素に分ける反応というのはあったが(それとてプラントは非実用段階)人工光合成となると更にその上を行くものだからだ。太陽光をエネルギとして金属を触媒に水と二酸化炭素から酸素と糖質を作り出す。世界人類の為にも一日も早い研究の完成を祈りたいものである。

 

2011年01月15日 LONG記す

 

トップページに戻る