福島第一原発事故で判った事

 2011年3月11日の東日本大震災でおきた福島第一原子力発電所の原発事故はチェルノブイリ原発事故級の大事故となってしまっい、尚も現在進行形であるわけだが、一つだけ原子力工学ド素人の自分にも判ったことがある。それは、現在の日本の原発が「間違った安全思想」のもとで設計されているということだ。が、しかし、自分は今ここで原発の是非を議論する積りは全くない。何故か?、原発の是非論となるとその多くは現在使われている電力の多くが原発依存であるという事実を無視した是非論となりがちで、感情論的なものとなるからだ。ただ「原発反対」を口で言うのは簡単である。しかし、その代替エネルギを求める事はエネルギソース、技術、更にはコスト等の多くの面から大変困難な事である事を理解している人は意外に少ないと思われる。尚、その他の事情を鑑みてもこの手の問題は見てくれほど単純ではないと思われるので、ここでは敢えて触れないでおきたい。

 福島第一原子力発電所に限らず、日本の原発はどこも同じ安全基準で作られているはずなので、今回と同じ事故は国内何処の原発でも起こり得ることに成る。では、何故今回の事故は起きたのか、一般に報じられている所からすると「原子炉を冷却する為の多重化された電源が全て失われた為」と言う事になっている。では、「原子炉とは外部電源が存在しないと成り立たない物なのか?」と言う疑問が湧いてくる。実は、どうも様々なニュースソースからすると、全ての電源が失われても炉心を冷やすための仕掛けは施されていたらしい。しかし、それは完全なものではなく、言葉は悪いが取り敢えずのものであったわけだ。つくづく「嗚呼、これさえ完全なものならば」と悔やまれる、と思うのは自分がド素人だからだろうか。結局、炉心溶融を引き起こしチェルノブイリ級の大事故となってしまったわけだ。

 では、その取り敢えずの仕掛けとはどんな物だったのかと言うと、停止したとは言っても原子炉は崩壊熱と言う熱を出しているらしい。なので炉心を冷やし続けなければならないらしいのだが、原子炉内はこの熱のお陰で蒸気が発っている。この蒸気を長いパイプで原子炉外に導いて冷やし水にして原子炉に戻すと言う様な仕掛けであったらしい。んん〜、ちょっとまて、もしそれが事実なら付いていた仕掛けは本当にお印程度の仕掛けであって真の安全を考えて設計された物ではないと言う事に成って終いはしないだろうか。確かに、この冷却原理では、その原理上一般に言う「冷温停止状態」に原子炉を導くことは不可能かも知れないが、これさえしっかりしていれば、炉心温度が数百度と多少高い状態であっても最悪の炉心溶融だけは避けられたのではないかと思われるのだ。

 「間違った安全思想」それは「多重化しておけばどれか生き残る」と言う思想だ。確かに一般的にはそうかも知れない。しかし、稀にそれが通用しない場合がある。今回のような千年に一度の大災害のような場合がそれだ。原発のような究極の安全が求められる施設は外部からの電源が断たれたら直ちに原子炉はバックアップ電源に切り替えその運転を停止し、原子炉の無電源冷却モードに入る(この様なシステムを自立系と言う)、位の安全対策は必要ではないだろうか。現在の原発にはこの自立状態が無い。自立しないシステムを果たして安全と言い切ることが出来るだろうか(そう国民を謀って来たのは自民党政権だが(^^;)。今、あちこちの原発で取り敢えずの安全対策をしているようではあるが何れも付け焼刃に見える。根本的には原子炉の自立系化をしなければ真の対策には為らないような気がする。

 

2011年04月25日 LONG記す

 

トップページに戻る