それでも足を引っ張り合いますか?

 去る3月11日午後2時46分東日本大震災が発生しました。千年に一度とも千五百年に一度とも言われる程の大災害となり多くの方が被災し、また、犠牲となりました。遅くはなりましたが、被災された方にはお見舞いを、また、犠牲となられた方には哀悼の意を表したいと思います。また、現在、日本のみならず、全世界にて被災地を支援する環が広がっております。自分は日本人の一人として非常に感謝に耐えません。また、日本はこの事に付いて、今後世界に対しどう応えていくべきかも考えさせられている次第です。

閑話休題

 さて、この国日本には自慢できない誠に恥ずかしい国の恥部があるのである。足の引っ張り合いをして憚(はばか)らない政治屋達である。震災前、彼らは菅総理追い落としに気勢を上げていた。国民から見れば全く困ったものである、単なる足の引っ張り合いにしか見えないからだ。只でさえ「国難」だの「亡国の危機」だのと言われ、互いの主義主張は置いておいて、とにかく国の為に是々非々で協力しあわねばならない場面で、野党から政権に参加したのは与謝野馨氏唯一人。他の政治家達はどうであったかと言うと、やれ「アジェンダがどうの」とか「政権公約がどうの」とか協力しない為の言い訳ばっかりで、要するに「民主党」否、「政権には協力したくない」の一点張り。そして世の風潮はというと、むしろ逆に政権協力した与謝野氏を「立枯れ日本」等と揶揄する始末である。こうなるともう、協力を拒む政治家は皆、与野党の党派を問わず政治家というより政治屋と言う言葉が相応しいかもしれない。

 そして、2011年3月11日午後2時46分東日本大震災は発生した。震源域だけでも東西200km、南北500kmにも及ぶ巨大地震で、流石にこの地震直後は政治屋達の足の引っ張り合いもナリを潜めた様であった。しかし、そこは政治屋、今回の震災は単なる震災に終わらす、津波災害という天災や原発災害という人災まで引き起した、政権がどう災害対応するかお手並み拝見を決め込んだわけだ。つまり、足の引っ張り合いは表面上ナリを潜めたが水面下では相も変わらずであったわけだ。困ったものである。そして一月、統一地方選が行われ民主党の惨敗が判明するや否や勢いづいた野党側が「菅総理辞めろ」の大合唱。オマケに与党内でも「菅下ろし」の声が聞こえてくる始末である。一口で言おう、ここに来て足の引っ張り合いが再び顕在化したのである。

 安倍総理以後、この国は任期1年程度の短命な内閣が続いてきた。それがこの国にとってどれ程の損失を与えて来たのか計り知れないのである。そして、任期が短かった原因は、言葉は悪いが、殆どの場合(全てではない)が政権の投げ出しである。そして、今、自民党を中心とした野党は菅総理に退陣を迫っているのである。震災が起き一月余り、余りの大災害でまだ復興どころか災害被害の全容すら掴めていない段階なのに・・・である。自民党の谷垣総裁曰く「菅総理がその職にあることが国民にとっての災害」なのだそうだが、この人は一体何様のつもりなのだろうか。「自分ならもっとうまく災害対応できる」とでも言うのだろうか。ともあれ、この国の国民は短命な総理が続いた為、総理が簡単にその職を退く事に慣れてしまった様である。しかし、一国の総理という職ともなればそう簡単に就く事も出来なければそう簡単に退く事も出来ないはずである。その辺の感覚がこの国は今、少々狂ってしまっているのかも知れない。

 人は言う、「菅総理には指導力がない」と。ならば何故足の引っ張り合いなどせず協力し合わないのだろうか?。「一本の矢は簡単に折れるが三本の矢は折れない」と言う故事もあるではないか。これはやはり「菅総理だけがダメ」ということではなく、日本の政治家が政治家ならぬ政治屋であり本当に国家国民の為の政治が出来ない証なのではないだろうか。逆に、菅総理でないなら、誰が総理ならまとまって行くのだろうか?。少なくとも民主党内の内ゲバはケリがつきそうであるがそれだけではなかろうか。結局自民党が政権をとっても、他の政党が政権をとっても足の引っ張り合いは続くということではなかろうか。

 震災に加え、津波に原発、そこんところへ持ってきて政治屋の足の引っ張り合い。正直、もうウンザリである。この国の政治屋は去年夏の尖閣諸島沖の中国漁船の巡視船衝突事件を民主党政権の所為にして居る様であるが、自分に言わせれば全くの間違いである。かねてからあった尖閣問題を御座成りにして来た日本の政界がここに来て足の引っ張り合いを繰り返し、まとまりがない所に目を付けた中国が揺さぶりを掛けてきたと自分は思っている。北方領土についても同じである。着々と北方領土のロシア化を進めてきたロシアは尖閣事件と日本の国内政治事情からメドベージェフ大統領の北方領土訪問に踏み切ったと見るべきだろう。結局、何もかも菅総理一人の所為にしてしまうのは簡単だが、実際はそうではなく、日本の政治屋達皆がだらしがないからこう成るのだと言う事に成らないだろうか。

もう本当に足の引っ張り合いを止めないと、世界中から愛想を尽かされて取り返しが付かなくなりますよ。

2011年04月18日 LONG記す

 

トップページに戻る