天国と地獄

 吾輩は理科系人間である、故に身も蓋もない。だから敢えて言おう、「あの世」なんて存在しないのだと。来世なんて金輪際無いのだと平気で言うし、増して地獄の閻魔様や地獄で亡者たちの舌を引っこ抜く鬼の存在なんてとんでも無い創り話だと決め付けるのである。世には神も仏もあったものではない、この世は地獄、この世に勝る地獄無しである。そして、「極楽浄土なんて何処にも無いよ、阿弥陀様におすがりしてもお浄土なんかにゃ行けないよ」と言ってはばからないのだ。・・・と、まあ、ここまで言ってしまうと人の死生観にまで踏み込んだ話になってしまうのだが、まあ、自分の死生観はこんなもんだと言う事でご容赦願いたい。早い話が死後の世界なんてこれっポッチも信じていないというのが自分の死生観だ。で、早々に「あの世」の存在を否定してしまったわけであるが、それでは何故この世が地獄なのか?を考えてみよう。以前、このページの何処かでも書いたことなのだが、この地球には生き物が居る、そして、生き物は互いを喰い合う存在だ。喰う者が居て喰われる者が居ればそこは即ち地獄である。地球を「生命の楽園」と綺麗事を言う人も居るがそれは間違いである。敢えて言うならばそれは生命の坩堝(ルツボ)と言うべきであろう。滾(たぎ)る大地・大海の只中に於いて、それぞれの生命は生存競争を繰り広げているのだから。決して楽園等という優美なイメージの物ではなく、正に沸々(フツフツ)と煮え滾(にえたぎ)る鎔鉱炉と言うイメージが正しいであろう。そして、「人もその地獄に生きる亡者であり例外ではな無いよ」と平気で宣(のたま)うのである。更に言うのであるなら、天国や極楽は間違っても存在し得ないが地獄は厳然とこの世に存在する、それが物理学的真実なのだ。

 しかし、人は他の生き物とは少し違っていた。人も群れを作って生きる動物だが、どうする事が最も群れ全体の利益に成るか考える頭を持っていたのだ。そして、一人一人の力は小さくても、どうしたらそれぞれの力を合わせ、全体としてより大きな力を発揮出来るかも知っていた。なので、最初は他の動物達と同じく地獄の中に居た人ではあったが、しかしその知恵と勇気で徐々にその地獄から抜け出ていくことと成る。しかし、その道程(みちのり)は険しく平坦ではなかった。むしろ茨の道、いや、それこそ地獄の針の山を登るが如く厳しいものであり、更に原始の太古から現代に至る迄の間、何百代にも渡りその道を歩む努力が積み重ねられてきたのだ。その結果、現在我々は、少なくとも先進国に於いては余程の事が無ければ飢える事は無いし、凍える事も無くて済む。極楽と迄は行かなくてもそれに近い所に迄は自分達の住む環境を創って来たのである。それもこれも、多くの先人達の努力と犠牲の上に成り立っている物と知るべきであろうし、また、そうした遺産を維持するには、これを引き継いだ者たちが不断の努力を惜しまない事は言う迄も無いだろう。

 しかし、しかしである。現在(いま)の様に世の中が落ち着いて来るとどうも人々が勝手になって行くようである。一口で言ってしまうと拝金主義が台頭し人心は荒んでくる。お金と言う物の本来の意味も役割も理解しようとせず「お金さえあれば何でも出来る」と勘違いしている輩が多く出てくる様だ。「金を儲けた奴が勝ちさ」とか「何のかんの言ってもおカネが一番」とか言うのがそれだ。極論すれば「振り込め詐欺犯」の様な輩はその典型だろう。そういう人達は恐らく「今あるこの世が当たり前」と思っているに違いない。だが、先にも書いたように今ある社会は一夜にして生った物ではないのだ。人間一人の力は小さい、出来ることは限られている。お金はその小さな人間の力を大きく集約する為に作られた道具なのだ。そして、国家にとってこのお金はもっと重要な意味がある。つまり、その国に住む国民の力を如何にして国の力として集約できるかがこのお金と言う道具に掛かっているからだ。単なる国と国家の違いは何処に有るかと言えば正に貨幣経済を持つか持たないかで決まるのだろう。貨幣経済を持てば国家となり持てなければ単なる国になってしまうのだ。そして、前者の方がより極楽に近いのかも知れない。あくまで、知れない、だが。

 人は一人では生きられない。必ず誰かの助けが必要な生き物なのだ。大昔なら村を作っていて、皆で助けあって生きていたので、まあ、変わり者程度の人間は居ても振り込め詐欺みたいな事を働く様な輩は居なかったであろう。しかし、今はお金と言う道具のお陰で簡単に人の力を借りられてしまうのだ。この「簡単に」と言うのがクセモノだろう。なんだか自分の力でそれが実現したかのような気分になってくる。例えばボールペンを買ったとしよう。別に自分はボールペンを作ったわけでも何でもないのに魔法でそこに出したかのような気分なりはしないだろうか。本当はそのボールペン作りに係わった何百人もの人々の事を忘れては居ないだろうか。そのせいかどうかは判らないが、要するに振り込め詐欺をする様なヘンな連中が現れたわけだ。お金という道具のお陰で我々の社会はより極楽に近づいたのかも知れない。しかし、最初に書いたようにこの世の本質は地獄である。我々の祖先から何百代にもわたって永々と築き上げ、徐々に極楽に近いものにして来たこの社会もチョコっと油断をすればアッという間に元の地獄に戻ってしまうのだ。災害などはそのいい例であろう。しかし、我々はその努力を止めるわけには行かない。手を止めたが最後、そこはまた元の地獄に戻ってしまうのだから。

合掌

2011年05月26日 LONG記す

 

トップページに戻る