仮想LPレコード と言う思いつき

 自分は子供の頃からクラシック音楽が好きで、小学校4〜5年の頃から月250円の小遣いを必死に貯めて一枚1000円のLP(アナログ)レコードを購入したものであった、いわゆる廉価盤というやつである。当然そんなんであるから、小遣いは全てレコードに化けるわけで、他の子供達が買うようなマンガの週刊誌なんかは見向きもしなかったわけだ。少し長じて中学生になると小遣いが月1000円になる。ようやく、月1枚の廉価盤を手に出来る身分になれたわけだ。しかし、小遣いが全てレコードに化けると言う事に変りなく、結局この病気は大人に成っても治らなかったのだ。ただ、自分が小学生時代とそれ以後で大きく異なった事情が一つある。それは、廉価盤事情である。小学生時代の廉価盤というとどうしても一流演奏家は限られ二流演奏家が多かったのだが、中学時代にこの事情が一変することに成る。つまり、自分が中学以後となると廉価盤といえども録音が古いだけで、レギュラープライスでも充分通用するような一流所の演奏家の内容の物が次々と廉価盤でも発売されるようになってくる。こうなるともう廉価盤漁りが面白くて止められない、自然と自分のコレクションの中心は廉価盤となり気がつくと1000枚を超える一大コレクションを築き上げてしまっていた訳だ。

 で、まあ、以上は枕である。最早、音楽の配布はネットに取って変わられCDでさえアナクロな物と成りつつある、いや、なってしまったわけだが、このアナログLPレコードをそのままデジタル仮想化出来ないかと、他人様には実に判り難いことを考えてしまう自分なのである。普通、アナログレコードのデジタル化と言うとアナログプレイヤーで再生して、つまり、LPレコードの音溝をレコード針でトレスして再生してやるわけだ。時間は掛かるし、面倒臭いし、ノイズ混じりになるしもう踏んだり蹴ったりなのである。実際にやったことのある人は知って居るだろうが、アナログレコードをデジタルに落とすのに本当に大変なのはレコードをデジタル化する所では無い、その後のノイズトリミングの部分にあるのだ。とは言え、デジタルに落とす作業も中々に面倒臭い。そう思った時、机の上にあるスキャナが目に飛び込んできた。「そうだ、スキャナで音溝を読み込めれば一気にデジタル化出来るかも」などと考え手元の電卓を叩く、どうも普通の一般的スキャナでは分解能がまるで足らないようである。もっと云うと、仮に足りていたとしても今度は画像の保存先に困ることに成るようであった。最新の3TBのHDD1000台分もの情報を何処に仕舞うというのか?。どうも、アイデアは不発に終わった様だった。

 しかし、この光学的に音溝を認識してオーディオデータをデジタル化すると言う手法には従来の音溝を直接針でトレスする方法には無い様々な利点がある。例えば、傷がついてしまって従来の針トレスでは再生不能なレコードでもデジタル化が出来るとか、ソフトを利用してその傷の修復が可能だとか、傷の付いてない音溝の深い部分で演奏することが出来るとか、まあ、色々だ。最も、この辺の所はアナログレコードに付いてある程度の知識が無いと解らないかも知れない。

 先に3TBのHDD1000台分もの情報が必要だと書いたが、実はこれは30cmLPの盤面の情報を音溝の精度を余すところ無く、しかもベタで読み込んだらと言う場合であってかなり無駄な情報が多いと思われる。だから、もっと洗練された、例えばベクトルなんかで音溝データなんかを示すことが出来ればデータをDVD1枚分くらいに小さくは出来るかも知れない。最もCDやその他のデジタル音源があるのに「何で今更パソコン上で仮想アナログ音源なんだ?」と言われてしまうと何も言えないのであるが。

 

2011年05月13日 LONG記す

 

トップページに戻る