どうしても歩くのが嫌な人達

 季節は梅雨、毎日ハッキリしない天気が続いているわけだが、こんな天気の中でも自分は平然と散歩を続ける人間の一人である。最も、いきなりの土砂降りの雨には閉口するが(^^;。ただ、世の中には「どうしても歩くのがイヤ」な人達が居るようである。こんな雨の季節にはそれが嫌でもハッキリと判ってしまう訳だ。東京23区の便利な所に住んでいるにも拘らず、雨が降っているのが最初から判っているにも拘らず片手で傘を差し片手で自転車を運転、コイツ道交法違反だって知っているんだろうかと思ってしまう。イヤイヤ、更には業の者が居る、傘も差さず猛スピードで雨の中を自転車で走り去る奴だ。別に車道を走っているのなら特に問題は無いのだがこう言うのに限って歩道の中を我が物顔で猛スピードで走り去る。これも道路交通法違反だって判っているんだろうか、困ったものである、本当にコイツらは親から貰った自分の足で歩くのがイヤだとしか思えない連中である。こんな連中の狂った常識のお陰で駅前スーパーの前は駐輪禁止の筈なのに身勝手な「歩くのイヤイヤ」人間たちのチャリンコで溢れかえっている。そう言えば、駅前の放置自転車処理現場で、放置自転車処理係の自治体職員と何処かの学生と思しき若者がケンカをしていた事があったな、どちらが悪いかは明々白々であるが。しかし、みんな何故高々10分か15分の道程を歩くのを嫌がり、あまっさえ交通ルールまで無視するのであろうか。時間が勿体無いから?、それとも歩くのが面倒臭いから?、まさか歩くと大根足になって美容に悪いとか言わないよね!。まっこと不思議である。

 そもそも、雨の中自転車に乗る事は余りお勧め出来ない。ハッキリ言って危険である。自転車のブレーキ(特に前輪)はゴム製のシューで車輪を挟んで止める簡単な構造のものが一般的なので悪天候下ではブレーキの効きが悪くなるものが多いのだ。後輪に付いてはドラムブレーキやディスクブレーキ等が採用されているものもあるが何れにしても雨の中では晴天時より自転車はブレーキの効きは格段に悪くなると思ったほうが良い。そこのところに持ってきて片手で傘を差し片手運転されては危険極まりない事である。自転車に傘を固定する固定具もあるがあれですら自分は反対である。何故かと言えば、自転車は常に風を切って走るものである。そんな所で傘を広げていればどんな事が起きるかは容易に想像がつくであろう、少なくとも安全とは言い難いのだ。少なくとも自分の中では雨の日に自転車に乗る様な行為は非常識極まりない行為である。そして、雨の中、傘を差してまで自転車に乗る連中に言いたいことは只一つ、「そこまでして歩きたくないのですか?もしかして死にますよ」…と。

 実は、日本は自転車については世界でも特異な法令を持った国である。自転車を分類上軽車両としながら歩道通行を許可してしまっている点だ。こんな国は世界中何処を探しても日本以外に見当たらない。日本以外の国では自転車は自動車やバイクと同じ車両なので歩道を走ることは許されない。車道を走らなければならないのだ。聞く所によると日本では1970年の道路交通法の改正と言うより改悪でこう為ったらしいが、この事が日本に於ける自転車の地位を宙ぶらりんにし、一般民衆の自転車に対する考え方を曖昧にしてしまったと考えられる。お陰で無法自転車天国日本となってしまったわけだ。特に最近は夜間無灯火なんてのが特に目立つが、昔は子供でも夜間無灯火自転車なんて奴は居なかった。それが最近はいい大人が平気でやっている。これも自転車に対する考え方が昔に比べて曖昧に為ってしまった証だろう。昔は自転車は明確に車両であるという認識があった。しかし、今は自転車は歩行者というヘンな認識が蔓延しては居ないだろうか。自転車が歩行者と言う言い方が悪ければ自転車は下駄とでも言い換えようか。下駄だから何処に脱ぎ捨てたって自由だし夜間無灯火だって当たり前だと思ってしまう。そして、雨の日でも傘まで差して自転車で出掛けようとする。ひょっとしたら、ひょっとしないだろうか。

 そう、今の多くの感覚の狂ってしまった日本人にとって自転車は歩かなくて済む下駄なのだ。歩きたくない人達にとってこれ程便利な履物はない。只の履物なれば前照灯なんて必要ないし、何処に履き捨てたって誰かに迷惑を掛けているなんて認識は全く無い。やはり、この辺の感覚を改めて貰わないと問題の解決にはならないような気がする。その為には、多少強硬な手段も止むを得ないと思う。例えば法令違反対象の自転車の強制没収とかである。こう言うと、個人の財産権とか何とか言うかも知れないが、そもそも法令違反を犯した対象に対してその権利を認めるのかと言う議論になってくる。つまり、一つの刑罰であると考えれば話はややこしくなくなるわけだ。何れにしても、日本に於ける自転車の諸悪の根源となった「自転車歩道通行可」と言うこの法令を見直すところから始めないとダメかもしれない。

 

2011年06月20日 LONG記す

 

トップページに戻る