節電の夏、痩せ我慢の夏

 梅雨明けはまだまだ先ではあるが、いよいよ暑い季節が始まった様である。この文章を書き始めた今日6月22日、夏至の東京は気温が33℃となり、その日に相応しい、いよいよクソ暑い季節の到来と言った処である。とは言え、今年は3月11日に発生した東日本大震災の影響と言うより原発事故の影響により全国的に電力不足、しかし、文句や愚痴を言っていても問題の解決にはならない、ここは無い頭を絞り具体的行動を取り節電をし暑くても熱中症に成らない程度に痩せ我慢をする工夫を凝らさねばならないだろう。もっとも、毎年夏の冷房に掛かる電力料金は非常に高額で悩みのタネであった。どこまで痩せ我慢出来るかやってみるのもいい機会である。で、立てたエアコン使用計画はこうだ。昼間は出掛けているので使わない。万一家にいる場合も昼間は使わない(^^;、使うのは扇風機だけだ。痩せ我慢の痩せ我慢たる所以(ゆえん)だ。夜になってもエアコンは夜中の11時迄使わない、絶対痩せ我慢である。エアコン解禁時間は夜中の11時から明け方午前5時迄の6時間のみ。設定温度は28℃、勿論節電モードでだ。で、狙いは何かといえば要するに睡眠中に熱中症に成らない様にすることだ。なぜそうなるのか、それは最近の日本の家は昔の伝統的日本家屋と違いエアコンが有ることが前提で建てられているために風通しが悪く、断熱が施されているため熱がこもりやすいからだ。外気温は28℃位でも昼間の太陽熱で建物が温まっていて部屋の中は冷房無しでは35℃超なんて珍しくも無いのである。起きていれば冷水でも飲んで体温を下げられるが睡眠中の熱中症はそれが出来ないところが怖い。しかも、世が世なれば物騒で窓を開け放って休むわけにも行くまい。夜中にヘンな奴が入って来ないと言う保証は無いのだ。そのための夜中のエアコンなのだ。

 で、睡眠中に熱中症に成らない為のアイテムを一つホームセンターで購入してきた。「エコでクールナンチャラ」とか何とかいう冷感シートで上に寝っ転がると確かに冷たい感じがする奴だ。厚さは2〜3ミリ程度で、丁度敷布団一枚分くらいの大きさの奴を買いに行ったのだが、しかしこれ、想像以上に重かった(^^;。こんなに重いモノだとはツユ知らず手ぶらで買いに行ったのが間違いであった。水の目一杯入った2リッターのペットボトル4〜5本分位の重さは有るのではなかろうか。こんなに重いものだと知っていたらカートくらい持っていったのだが後の祭りである。目を血走らせ、頭に血を登らせ、息を切らせ、死ぬ思いをして自宅までエッチラオッチラとこのクソ重たい冷感シートを運んで帰ってきた。まあ、重たいのが当たり前といえば当たり前かも知れないが。何せ正体はジェルで固めた水の塊なのだから、それに気付かない自分がマヌケであると言う事なのだろう。あと、おでこに貼る熱さまシートと言うアイテムを近所の薬局で調達してきた。これだけあれば夜寝る時に少しは痩せ我慢が快適に成るかも知れない。

 しかし、これで終いかというとさにあらず、扇風機を新たに調達しなければならなかった。長年使って居た扇風機があったが、流石にこれ以上使い続けるのはヤバそうになってきたので買い換えることにした。今回買った扇風機は壁掛け扇でこれで部屋の中の空気を強制循環させてやろうと目論んだわけだ。さて目論見通りに行くかどうか、やってみなければ解らないが、実行あるのみである。

 ただ、早くも今年は痩せ我慢のしっぺ返しが既に出てきているようだ。実はみっともない話であるが、子供の時以来の汗疹が出来たようなのである。ここ2〜3日暑かったのを痩せ我慢しただけでこれである。エアコンの創りだす快適空間に如何に体が慣らされてしまっているか思い知らされるような気がする。これから先が心配である。

 

2011年06月22〜25日 LONG記す

 

トップページに戻る