皆でいい国にしよう、聖徳太子

 聖徳太子と言うと飛鳥時代の皇族・政治家で女帝・推古天皇の摂政であるが、当時の日本は国としてのまとまりがなく各地の有力豪族が自分達の利権を巡って争いを繰り返し、好き勝手をしていた時代であった様である。まあ、聖徳太子虚構説と言うのもあるが、それはそれで今回は置いておく。当時、太子は中国・随に遣隋使を送り国交を申し込んだが、日本はそんな状態であるから、随に当然国としては認めてもらえず「まずは、国としての体裁を整えなさい」と言われて外交を断られてしまった訳だ。これにショックを受けた太子は十七条憲法の制定や冠位十二階を定める等様々な改革を実行した。曰く、「和を以て貴(とうと)しと為す」である。つまり、皆でこの国日本を外国に負けない、いい国にしようと言うわけだ。そして、太子は二度目の遣隋使を送り隋と国交を結ぶことに成功するのである。

 さて、何で今ここで聖徳太子なのかと言うと、少なくとも自分には、今の日本の状況が飛鳥時代のそれによく似ているように見えるからだ。つまり、当時の豪族と言う奴等は自分達の利権を争って好き勝手をしていたわけで、天皇の暗殺も辞さなかったらしい。流石に今の政治家は天皇の暗殺(そもそもやっても意味は無いが)や総理大臣の暗殺はしないだろうが、悲しい位レベルが低いという点では何処か何かと言うと足の引っ張り合いばかりしている今の日本の政治家共にソックリなわけだ。今の日本の政治に何の国家的なビジョンも無く、思いつきだけで行動し、ましてや国家的戦略の欠片すら感じられないと思っているのは自分だけでは無いのではなかろうか。東日本大震災もそうだが、この国には問題が山積みだ。少子高齢化やそれに伴う社会構造の変化によって産業が成り立たなくなり廃業に追い込まれたり、更には海外に出て行ったり、果ては官愚に至る迄、結果として国の力が衰えて行く悪循環に陥っている。しかし、無能な政治家共は、例えば少子高齢化の議論をすれば、これを規定のものとして認めてしまい、少ない財源を如何に遣り繰りするかと言う議論はする。しかし、如何に若い世代の人口を増やすかを真剣に検討して居ると言う所は見た事も聞いた事も無い。太子が今の政治家共の姿を見たらどう思うだろうか。

 聖徳太子の心は「和を以て貴(とうと)しと為す」と言う言葉に全てが込められていると思う。また、これが今の一般的日本人の考え方の基本に成っていると言えないだろうか。人の立場、考え方、やり方等を尊重し自分の立場や考え方を押し付けないとするやつだ。しかし、どうも今の日本はそうではない部分が多分にある様な気がするのである。例えば教育である。今の日本の教育は教育と言うより選別と言う方がより相応しいかも知れないのだ。教科書の内容をより正確になぞれる子供を選別する教育が今の日本の教育なのだ。例えば、算数で鶴亀算で解く問題が在ったとする。普通に鶴亀算で解けば丸だが、個性派の子が居て方程式で解いた子が居たとする。答えは正解でもこの子は非情にもバツを喰らってしまうのが今の日本の教育なのだ。つまり、この子は正解を導きながらも教科書をより正確になぞらなかった、即ち鶴亀算で解か無かったと言う理由でバツを喰らってしまったわけだ。果たしてこれは良い事なのだろうか、少なくとも子供の個性や才能を摘みとってしまっている行為であると言う意味では決して褒められた行為では無い事だけは確かである。そして、これらが積み重なっていき官愚に繋がるのではなかろうか。

 若い人は知らないかも知れないが、昔は聖徳太子と言うと一万円札等高額紙幣の肖像であった。これは自分の個人的意見であるが、バブル崩壊後20年が経過し、東日本大震災が発生し尚日本の閉塞感が打破できない中、政府は拾万円札を発行しその肖像に再び太子に登場して頂く訳には行かないだろうか。自分が思うに日本が左前になり始めたのも、日本の男がだらし無くなったのも太子がお札の肖像から引退してからのような気がする。だから、最近真剣にそう考えるのである。

 

2011年07月22日 LONG記す

 

トップページに戻る