東日本大震災五ヶ月

 今月は東日本大震災が起きて五ヶ月が経ち、また、終戦の月、お盆の月と言うこともあり、各地で様々な追悼の行事が催されました。改めてここに亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。さて、東日本大震災と言うとその爪痕は未だ深く、なかなか復興の兆しが見えてきません。それに、何と言っても地元東北の被災地に職が無いのが一番の問題でしょう。被災地は何もかも失ってニーズは沢山在る筈ですから後は日本国政府、自治体が如何にリーダーシップをとってこうした被災者達を導いていくかだと思うのですが、今回の場合、要となる自治体が被災して壊滅的打撃を受けてしまい、自治体はその機能回復に全力を挙げなければならない破目となり被災者支援も中々満足に行えない状態だと聞きます。そこで、仕方なく支援に駆けつけた自衛隊が自治体の仕事を一部肩代わりなんて話もチラホラ耳にしました。自衛隊は既に撤収したようですが、それでも、震災より五ヶ月も経って少しは改善したのでしょうか?。それにしても、何ともだらしがないのは中央政府と言った所でしょうか、この非常時に何かといえば足の引っ張り合い、しかも与党内で。ポスト菅で候補者乱立と言うのはその象徴とも言える現象ではないでしょうか。そして、野党は野党で自民党なんかは何が何でも与党に返り咲くのが先と言うのが見え見えだから情けない、そう思うのは自分だけでしょうか?。「困ったもんだ」の一言に尽きるとはこの事です。

 東日本大震災と言えばやはり思い起こされるのは東京電力福島第一原子力発電所の事故でしょう。今月は終戦の月でもあり、また広島、長崎の原爆記念日があったので、福島の原発事故とこの原爆を絡めた話が良く聞かれました。原発も原爆も、何れも確かに核分裂反応による質量変換で生じるエネルギを利用する物には違い有りませんが、自分はこういう味噌も糞も一緒の議論は正直好きになれません。原発反対論者の多くは「原発は原爆と同じ→要らない」又は「原発は制御出来ないもの→要らない」と言う論法を取りたい様です。しかし、自分はこういう論法は少々乱暴なのではと思いますし、今後のエネルギー問題の展望はどうするのかという事についても全く無責任であると感じます。そう言うと、こうした人達は「自然エネルギ、再生可能エネルギがあるさ」と言います。しかし、こうしたエネルギの代表は風力や太陽光等で、本当に小さなエネルギをコチョコチョ集めてきて大きくして貯め込んで使うのです。とても巨大なエネルギを生み出す原発の代わりになるような代物ではありません。ただ、だからと言って誤解されては困るのは「だから自然エネルギなんてやらなくて良い」と言っている訳ではありません。自然エネルギは自然エネルギで大いに開発に尽力すべきですし、普及にも力を入れるべきでしょう。自然エネルギには自然エネルギの利用価値と存在意義があるからです。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で今注目すべきは、現在行われている事故検証です。事故当時は動いていたと思われていた非常用復水器が実は現場作業員の判断で止められていたとか、その情報が上に報告されていなかった等色々解ってきています。しかし、今自分が最も心配しているのは、この検証が下に厳しく上に甘い検証になりはしないかと懸念しているのです。特に「非常用復水器が現場作業員の判断で止められていた」等と言う調査結果は素人目に見ても信じ難い物でありウソ臭い匂いがプンプンします。真実だとするならその作業員は何故その復水器を止める判断を下したんでしょうか?。これは、非常に穿(うが)った見方ですが、東電上層部の責任を覆い隠す為にこんな検証結果を出して来て居るのではないかと、自分は思っています。なので、検証委員会はそれが真実であると言う為には、東電上層部にも厳しい結果を突き衝ける様な検証結果でなければならないと思います。

 思えば東電上層部は震災以後、危機と言うものから逃げる事しかして来ませんでした。原発事故が起きたことを知り、原発で犠牲が出る事を嫌がり、原子炉建屋へ所員の立ち入りを禁止してしまったのです。その象徴的な事件は事故後清水東電(当時)社長が初めて官邸入りした時、菅総理に開口一番口にした言葉です。「福島第一原発を撤退したい。」これには菅総理も激怒して「そんなことになったら東電は100%潰れると思え」と言ったそうですが、清水社長(当時)の自覚のなさにも呆れたものです。歴史に「もし」はナンセンスですが、震災が起きた当時、東電の清水社長(当時)がもし、電力喪失を起こした福島第一原発の所員達に対して「このままでは炉心溶融が生じるのは時間の問題である。そうなれば、福島の地は放射能に汚染され死の大地と成る。君達の家族の為、愛する者達の為、それだけは断じて阻止しなければならない。国の為とか会社の為とかは考え無くて良い、家族と故郷の為、そのことだけを考えて放射能と戦ってもらいたい!」と檄を飛ばし、犠牲を厭(いと)わず初動を取っていたらどうだったでしょうか?。今とは全く違った結果だったのでは?と思います。そして、東電自身も今の様に青天井の保障を請求されるハメにはなっていなかったでしょう。

 一口で言うなら将の器のあるものが人の上に立っているか?と言うことになります。しかし、今のこの国、日本はそうでないように見受けられます。ヘンな処世術や権謀術数は将並ですがその他の部分は姑息で稚拙な人間ばかりが高い地位に居る様に見えるのは何故でしょうか。

2011年08月21日 LONG記す

 

トップページに戻る