アニメの王道

 自分は昭和三十年代生まれであるので、子供の頃からテレビアニメを見て育った世代である。今でこそ日本のアニメやマンガはその質の高さから日本の文化として世界的にも認められている。しかし、自分が子供の頃はアニメやマンガは子供の物であり、国内でも文化としては一般的には認知されて居なかった。当時のタイトルをあげつらって見ると、日本で最初のTVアニメは手塚治虫先生の「鉄腕アトム」だったが、その後、横山光輝先生の「鉄人28号」や藤子不二雄先生の「オバケのQ太郎」や水木しげる先生の「ゲゲゲの鬼太郎」なんかが続いた。他にも「宇宙少年ソラン」とか「スーパージェッター」とか「レインボー戦隊ロビン」なんてのが在ったような気がする。少女物のタイトルとしては「魔法使いサリー」(原作:横山光輝)や「ひみつのアッコちゃん」(原作:赤塚不二夫)なんかが懐かしいタイトルだ。とは言え、今回はここで小難しいアニメ論やマンガ論を展開するつもりは全く無く、只自分が好みとするアニメがどんなモノか一方的な熱を吹きたいだけなのである。

 アニメのジャンルは数あれど、やはり自分が「これがアニメの王道なり」と決め附けている物があるのである。しかし、それは特定のジャンルには縛られない。SFでも時代物でもファンタジーでも青春学園物でも怪奇物でも何でもいいのである。では、どんなものがそれに当てはまるのか?と言うと、これがちと難しいのだが、要するにワッハッハと馬鹿笑いできる内容を持ったアニメがいいのである。しかも、内容が荒唐無稽な方が肩がほぐれて良い。但し、アニメ自体のストーリーや設定がシッカリして居なければならないことはデフォルトである。

 例えば、最近の例ならば「涼宮ハルヒの憂鬱」がそれだ。このアニメは破天荒な女子高生、涼宮ハルヒをヒロインに据え、男子高校生、通称「キョン」が狂言回しとなって繰り広げられる非常識極まりない、超常現象の連続の高校生活の日常を描いた作品で、結構笑えるのである。また、「百花繚乱サムライガールズ」なんてのもその笑えるアニメの例の一つである。これはちょっとエッチでお馬鹿なアニメというやつである。更にもう1本例を挙げると「べるぜバブ」というのがある。これも、大笑いなアニメだ。なにしろ設定からしてメチャクチャだ。『昔々在る所にそれはそれは凶悪で、残忍で、傍若無人で、人を人とも思わない悪魔の様な男が居りました。これは、ひょんなことから赤ん坊を育てる事になった不良高校生の物語。但し、その赤ん坊は普通の赤ん坊ではなく、魔王の子だったのです。』まさか、育てた魔王の子が勇者になるなんてオチはないよね(^^;。

 実は、よくは知らないが、日本のアニメ界は存亡の危機にあると聞いている。今はコンピュータによる機械力が多く動員されたとは言え、今も昔もアニメは人海戦術によって作られる芸術作品らしい。そういう中に於いて若いアニメータが育たず、又アニメータの離職率が非常に高く、再就職率も悪いと聞く。何故か?、食っていけないからだ。折角ここまでの伸びた業界なのに、このままでは潰れてしまう。国ももっと真剣に考えて欲しいと思う。

 

2011年08月31日 LONG記す

 

トップページに戻る