拝金主義を考える

 今、世界中が拝金主義で覆いつくされている。拝金主義とは、一口で言ってしまえば「お金が一番」と言う考え方だ。また、拝金主義者の事を蔑んで守銭奴等とも言う。「経済至上主義とは異なる」と言う人も居るが自分は大局的には似たような考え方だと思っている。それは、利益第一主義であり、極端な話利益の為なら何だってするからだ。拝金主義の悪しき点は正にここだ。利益さえ上がれば良いとするが余り自己中心的となり、周りの人間のことを考えなくなり、遂には人間をお金儲けのための道具として扱うように成る、全く以て本末転倒である。そして、終いには利益(お金)のために利敵行為(自分の国や仲間を裏切ること)に走るようになってしまうのだ。そういう意味では「振り込め詐欺犯」や「ヤミ金業者」なんかは究極の拝金主義者と言えるだろう。彼らはお金の為なら手段は選ばない、最後はきっと金のために仲間だって売るに違いないのだから。

 自分に言わせれば、このページの初めの方に書いた様に金など人間が創った道具の一つにすぎない。そう、「お金とは人々が持つ小さな力を大きく一つに集約するための道具」なのだ。しかし、人間がその金と言う道具を上手く使えているかと言うと答えは否である。むしろ逆に道具である金に使われていると言って良いだろう。ヨーロッパの金融不安は今、世界中に波及しようとして居り、アメリカは不景気の真っ只中にある。日本は歴史上かつて無い円高で喘いでいる。自分は経済のことは良く解らないが実は根っこには拝金主義が有ると思っている。昔の人はうまい事を言った物で「金は天下の回り物」等と言った、実はこれには深い意味が有ると思う。世の守銭奴共はその言葉の意味を「金は世間を回り廻って自分の(金のある)所にやって来る」みたいに解釈する様だが実はそうではない。「世の中を上手く治めるためには、お金を世の中の津々浦々、老若男女出来るだけ多くの人々の手に渡る様に廻さねばならない」と言う意味だと自分は解釈している。正に社会構造について指摘している一言であるのだ。そして、世の中がお金の力で落ち着けば即ち国の力も増すということに成るのではなかろうか。しかし、それはお金という道具をうまく使った場合でありそうではない今の事ではない。

 では、今はどうであろうか?。今は拝金主義により世界中がカネ・金・かねである。単なる道具である筈の金に使われている始末である。金儲けの為に有能な人材の引き抜き合戦をする一方で自分の所で能力の高い人材を育てる事には消極的なように見える、「一生懸命育てても引き抜かれたらお終いだから」と言うのがその理由だ。そして、少しでも「使えない」と判断された人間は育てられるどころか容赦なく馘首(クビ)を斬られる。特に今の日本の様な社会構造を持った国では一度失職するとマトモな再就職は難しいので尚更である。結果、期間労働者や臨時雇用に甘んじることになる。学校を出たばかりの大してスキルもない若者たちの多くがこんな事を繰り返し歳をとっていってしまったらどれだけ国にとって損失か図り知れないだろう。一方で世界的な大企業の幹部は法外とも言える高額な報酬を受取り肥え太って行き貧富の差は開く一方である。そして、拝金主義によりこうした人達の所に資産が集中し、世の中の不満が高まってくると次のステージに用意されるのが戦争である。世の不満を外に振り向けるという国際的、古典的手段である。日本が戦争を始めなくとも他所から仕掛けられる可能性は否定できない。拝金主義者にとって人間は金儲けの道具に過ぎない、彼らは戦争さえも金儲けに繋げてしまう人非人なのだ。

 自分は今、拝金主義を口を極めて非難する。拝金主義は世界を滅ぼす。拝金主義は人を堕落させる。拝金主義は貧富の差を拡大させる。拝金主義は飢餓社会を生む。拝金主義は人を馬鹿にする。拝金主義は戦争を呼ぶ。拝金主義は人から仕事を奪う。拝金主義は人から生きる力を奪う。拝金主義は・・・・・。

 最後に最も大切な事を書こう。お金なんかよりも大切なもの、それは人間である。人を大事にしない文化は必ず滅びると自分ははここで予言しよう。今の様に、世界がこのまま拝金主義に走るのであれば、遠からず人類滅亡の日だってやってくるに違いない。

2011年10月22日 LONG記す

 

トップページに戻る