何と非科学的な!?理系人間のジレンマ?!

 吾輩は理科系人間である、ってどこかで書いた書き出しだな、まぁ、いいや。要するに自分は相も変わらず、身も蓋もないどうしようもない御仁なわけだ。で、その身の蓋もない「どうしようもない人間」でも人並みに物語やマンガどころか、ドラマや映画、アニメ迄観て面白がるのだからこれまた始末に終えないのである。身の蓋もない人間ならそれらしく身も蓋もない「屁理屈だけ捏(こ)ねていろよ」とは行かないのが人間という動物のヘンな所かも知れない。で、自分はその理科系人間だからして、特にマンガやアニメなんかを見ているとそれはもう妙な気分になることが儘(まま)あるのである。つまり、例えばマンガを読んで面白がって手を叩いて喜んでいる自分が居るとすれば、その反対側にジトッとしたもう一人の自分がいて同じマンガ本を透かして読んでいて容赦無い科学の目で考察を下しているのである。そして、一口で言って夢をぶち壊して回って居るのである。柳田理科雄先生の気持ちがよくわかる気がするのである。

 例えば「ぬらりひょんの孫」と言う作品がある。原作はマンガだが自分はアニメ作品しか見たことはない。しかし、この際そんな事は些細な事なのだ。で、困ったことにタイトルを見て「お、面白そう!」とアニメを見ようとする自分が居て、それとは真逆に「何と非科学的なタイトル」と冷徹に分析する自分が居るのである。そして、ここで重要なのは「ぬらりひょん」と言う妖怪に孫が居ると言う設定なのだ。ぬらりひょんと言うとよく妖怪百鬼夜行の総大将とか何とか言われるが、それはあくまでイメージであって、実際はぬらっ、ぬらっ、ひょんと捕まえどころが無い妖怪と言うのが本当らしい。まず第一に子孫が居るからには妖怪は死なねばならない(何故かは去年の「生き物は何故死ぬのか」の項目を見て頂きたい)、妖怪は死ぬのか?。確かに、主人公リクオの父親は亡くなっているが、祖父の「ぬらりひょん」は生きている。こいつ、死ぬことはあるのであろうか?。そもそも、妖怪という奴は生き物と言えるのか?。否、生き物と言うより、むしろ実体の無い霊体の方に近いのではなかろうか。すると、ぬらりひょんと言う妖怪に子や孫が居ると言う設定には無理が有る事になるのではないか?。正に、実に非科学的である。

 非科学的作品をもう一つ挙げると「鋼殻のレギオス」と言う作品がある。これは原作がSF張りのライトノベルらしいのだがやはり自分はアニメしか知らない。で、このアニメを見ていて何を最も非科学的と感じるかと言うと、やはり汚染獣とか言う巨大な蟲みたいな怪獣の存在だろう。何故そう感じるかと言うと、何と言ってもこれ、失った器官をアッと言う間に再生してしまうのだ。普通、生物は体を再生させる場合、それなりに時間が掛かる物である。何故かと言うと体の他の場所から傷を治すための蛋白質やビタミンなんかを集めてきて傷の在る所に集中させ化学反応を興し新しい細胞を組み立て体を再生させていくからである。その化学反応は適切な速さで行われなければならず、過度に速い反応が進めばその時に出る熱で周りにある生体組織を壊しかねないのだ。しかし、この汚染獣とか言う怪物はアッと言う間に失った器官までをも再生してしまう、こんな事を普通の生物がやったら傷の周りの他の場所が傷の熱でやられてしまい傷の再生どころではなく成るはずである。しかし、この汚染獣、まるで何処か別の場所で作って来た物をくっつける見たいに再生しているのである。正に、実に非科学的である。

 今回、自分がこんなネタを披露したのはこの二つの作品をこき下ろしたいからではない。また、非科学的な設定のお話がいけないと言っているわけでもない。お話は面白ければそれでいいと自分は思う。ただ、物心ついた頃から科学の子であった自分はアニメやマンガを見ていても無意識にヘンな考察を下していたりする。大体どんな物語だってそうだが、全くウソの無い物語なんて存在しないであろう。この二作品はあくまで自分のどうしようもない性癖を語る為の例にすぎないのだ。

 合掌

2011年11月30日 LONG記す

 

トップページに戻る