オタクの街秋葉原

 2012年明けて最初のネタは「オタクの街秋葉原」である。秋葉原というとまぁオタクの街だのAKB48の本拠地だのと最近では言われているが、オタクの街はともかくも、齢12歳と言う少年の頃から秋葉原と言う街に入り浸って41年と言う生粋のアキバジジイとしては、秋葉原が「AKB48本拠地」だのと言われるのは正直言って抵抗のあるところである。実際、彼女達が踊ったり歌ったりしているところ何ンて一度もお目に掛かった事無いしィ、要するに「彼女達のプロデューサーがアキバを利用してるだけじゃん」と思うからである。さて、この話はこの位にしておいて、オタクの街である。そもそも、「オタク」と言う言葉は早くても1980年代後半に使われ始めた言葉であってそれまでは「マニア」と言う言葉が一般的であった。意味合いとしては「半キチガイ」と言ったところであろうか。それも秋葉原は今有るようなアニメやマンガのオタクが集まるような街ではなく、80年代前半はオーディオマニアや無線マニア、マイコン(今で言うパソコンの事である)マニアが集まる様な正に電気・電子技術系マニアの集まる街であった。やはり、アニメやマンガのマニアはそれなりに本屋街で有名な近くの神田神保町やちょっと離れて渋谷・新宿と言う集まる場所があったし、未だVHSやβ-MAXのビデオソフトも品揃えが少なく高価であった時代、彼らは当時映画館も本屋も無い、しかも、当時飲食店すら殆ど無かったアキバなんぞに集まる理由が無かったと言えるだろう。つまり、アキバは純粋に技術系マニアの物であったのだ。現在、石丸電気本店のある辺り(もっとも、あの店は大昔からあそこにあるのだが)は昔はジャンク屋が点在しており、自衛隊や米軍放出品のジャンク基板を漁るマニア達が闊歩していた。ヘンな書き様で恐縮だがあの辺りは昔は余り一般人がウロつく様な界隈ではなかったのだ。正にオタク中のオタクがウロつく界隈とでも言おうか、皆基板についた54規格のTTLを狙っていたりMIL規格のトランジスタやコンデンサ等部品取り基板として狙っていたものだった。そして、目立たないビルの一角に店を構えているアキバの喫茶店に入って行き、購入したガラクタ(お宝)を広げ、ほくそ笑んで居たのである。正に、怪しさ爆発のオタク道此処に在りである。

 しかし、時代が下り1990年代に入ると世にパソコンが普及し始める。80年代に於いてはパソコンソフトは自分で開発し調達するものであったが、90年代に入るとそうではなくお金を払い購入する時代ヘと突入していった。と同時にビデオソフトも急速に普及し特にレーザーディスクがVHDに勝利する事に因ってビデオソフト全体の価格帯が大幅に下がったのもこの頃だと思う。ビデオソフトのタイトル数も増え、アキバのお店でも専門的にビデオを取り扱うようなお店が現れ、アキバを訪れるオタクは単純に技術オタクばかりではなくなってしまった。アニメオタクやゲームオタクがアキバを闊歩するようになり裏通りに多かったジャンク屋は徐々にその姿を消していきパソコンショップやビデオソフトショップ、ゲームソフトショップへと変貌していった。丁度アキバの表通りに飲食店が増え始めたのもこの頃だと思う。昔はアキバに来ても飲食店らしい飲食店は数える位しか無かったので、食事を摂ろうと思ったら足を伸ばして同じアキバでも昭和通り側のオフィス街の方に行くか、さもなければ御茶ノ水か神田まで行くしか無かった。ただ、何れもオフィス街のため休日まで開いている店は割りと少なかったりして食事には苦労したように思う。しかし、この頃からそんな苦労はしないで済む様になる。アキバサバイバルが一つ消えてしまった瞬間である。ただ、1990年代初頭のこの時代はある意味、世のオタクたちにとって最も幸福な時代でもあった。パソコンという新しいツールによって技術系オタクと文系オタクが結ばれた時代でもあるのだ。つまり、自主製作のパソコンソフトと言う新しい文化によってである。電話回線を通じたパソコン通信と言う原始的通信手段ではあるが、BBSを構築し情報を共有し仲間を形成しソフト、ハード両面で自分の出来ることをしていったのである。ただ、これもそう長くは続かないのである。1990年代後半になるとインターネットが登場し一般に普及し始める。インターネットは普遍的ネットワークではあったが、BBSで繋がった仲間意識を希薄にし、何より顔の見えない相手に警戒しなければならなかった。そして、21世紀に突入しアキバは劇的変貌を遂げる。

 21世紀になってからのアキバの劇的変貌とは何か?、それはズバリ、キャラクター産業(含メイド喫茶)のアキバ進出である。それまではこうした業態はアキバには存在していなかった。そしてもう一つがアキバの老舗家電量販店の敗退である。石丸電気やLaOXと言った大所が相次いでバッタ系量販店や中華系商社の傘下に入って行った。そんなこんなで、昔のアキバを知っている自分としては、今のアキバはもう電気街とは呼べない町並みに成ってしまったのだ。そして、集まるオタクの幅が広がったのは良いが、全体のレベルが下がってしまったのは残念としか言い様が無い。何処か集まっている今の若い人達の多くが刹那主義的であり、本気で何かを探求しよう、極めようとしていないように見えるのは自分だけであろうか。オタクとは言っても刹那オタクとで言おうか、取敢えずオタクとでも言おうか、「とにかく今はこれが好き」と言う人種が集まっているように見える。勿論そんな人達ばかりではなく、昔ながらの正統オタクの若者達が居る事も解っている。しかし、そうした刹那オタクな若者達が多いのは寂しい事である。もしかすると、彼らをその様にしているのは彼らを取り巻く環境がそうしているとも言えるのかも知れない。如何に真面目に働こうとも必ずしも身分が保証されない彼らにとっては刹那オタクに走る事は仕方が無い事なのかも知れないのだ。

 アキバは元々電気の街である。そのアキバは既に電気の街とは必ずしも呼べなくなってしまった。そして、今日本の家電メーカーは不振に喘いでいる。「面白い符合だ」等と言うと叱られてしまうが、必ずしも無関係ではないと思う。日本の家電メーカーは実は1970〜80年代に掛けては世界に敵無しであった。それは、当時家電量販店の売り場に行けばハッキリ判った。並んでいる商品はどれを見てもワクワク、ドキドキと胸をときめかせる商品ばかりであった。しかし、今はそうではない。アキバの家電量販店に行っても、何処の家電量販店に行ってもちっとも胸はときめかない、何故か。未だに旧態依然とした家電製品の数々がお店に陳列され目新しさが無いからだ。もっと言ってしまえば、あのi-phoneやi-padですら自分の中では既に10年前に実現していておかしくない製品だったからだ。つまり、これは何も日本の家電メーカーばかりに限った話ではない、テレビのシェアで日本に勝利した韓国の家電メーカーでも同じ事なのだ。やはり、背景には拝金主義があるのだろう、「お金が儲からなければ話にならない」と言うさもしい考え方がそうさせるのだ。しかし、カネなんかよりも大事なモノがある、それが「人」でありその人の持つ「哲学」であり「理念」なのだ。そして、最初に書いた怪しさ爆発なオタク道に最も大事な物もやはりこの「哲学」であり「理念」なのだ。アキバの街に理念あるオタクたちの回帰を望みたいものである。

 

2012年01月21日 LONG記す

 

トップページに戻る