亡国!議事録が無い?!

 昨年暮れ辺りから東日本大震災関連、特に福島第一原発事故関連の国の重要の会議の議事録が残されていない事について取りざたされている。こんな大変な国の根幹に関わる事で有るにも関わらず、報道もどうした訳かイマイチ手緩(てぬる)くその日出てきた事実を淡々と伝えるだけで、たまに知識人の論評があっても中途半端で徹底的な批判は皆無である。まるで何者かからの大きな圧力を受けているか、何かを恐れているかのような振る舞いである。そして、何とは無しに感じるのは「現政権、民主党が全て悪い」でお茶を濁そうとしている風潮である。しかし、本当にそうなのであろうか、それで良いのであろうか。自分はどうも違うように思う。本来、議事録が残されるべき重要な国の会議の議事録が残っていないと言う事は即ち、日本という国が既に国家としての機能を失っている証左であると感じるからだ。これは笑い事ではないのである、国民一人一人がもっと青ざめて良い大問題であるはずなのに、こんなにも皆シレッとして居られるのは何故であろうか。もっとそこら中から突き上げがあって然るべきである。

 そもそも、国の会議の議事録とは誰が取るべきものであろうか?。ニュースなどでは「誰かが責任逃れのために議事録を残さなかった」みたいなトンチンカンな発言をしていた大学教授が居たが、冗談ではないのである。会議に出席している政治家にそうした議事録を取らせればそういうことが当然起こり得るから議事録を取る義務があるのは政治家ではない、政治家は会議において議論するのが仕事だからだ。増して、その時に参考人として呼ばれた知識人や学者等ではない。彼らは参考人として自分の為に必要なメモを取ったり意見は述べてもあくまでお客様であり議事録を取る義務を課せられる立場にはない。では、議事録とは誰が取るべきものであろうか?、会議の時に呼ばれているはずの国の職員である官僚である。この国の重大局面に於いて議事録が残って居ないと言う事は即ち、官僚が全く仕事をして居なかった、サボって居たと言う事なのだ。しかし、何故かマスコミではこの辺について指摘する動きは全く無く、むしろ政府民主党の動きを報道するに終止するか若しくは与野党の政争の具になっている事を報じているに過ぎない。こうしたマスコミの動きは自分の目には不自然に映るばかりかむしろ奇っ怪にさえ見える。そして、官僚の職務怠慢を指摘する動きが無い事は官僚達にしてみれば「してやったり」である。

 先日、福島第一原発事故が起きた時のアメリカ側の議事録が公開された。数千ページに渡るその記録はアメリカ側の危機感が詳細に記録されており、日本側との違いが浮き彫りになった。当事者でありながら議事録さえ残されていない日本は果たして先進国と言えるのか?甚だ疑問に思えてくる。いや、そもそも、優秀とされている国家官僚であるが、実は大して優秀とは言えないのではなかろうか。いや、言葉が適切ではないかも知れない、元々国家のために身を粉にして働く気の無い者を、学業成績優秀と言う理由なだけで採用してきた結果、国を自分のために利用してやろうという輩ばかりがその地位に収まり今回の様な事態を引き起こしては居ないだろうか。そう言えば最近公務員に関する不始末のニュースを多く聞くのは気のせいだろうか?。やはり、この国が既に朽ちかけている証拠なのかも知れない。

 詳しくは知らないが、欧米では公務員は余り大きな権力を持たないらしい。聞く所によると国家公務員の最高位は課長までで、それより上の局長級や次官級の役職になると大臣が支援者や業界から実務者を連れてきて据えるらしい。つまり、大臣が変わると次官や局長も変わってしまうのだ。一人の役人が大きな権力を握り続ける日本とは考え方が大きく異なる所だ。何故こうなったかと言うと、多分、欧米でも昔役人の腐敗が横行し悩んだ末、一人の人間に何時までも大きな権力を握らせておくのは良くないとなったのだろう。やはり、日本でも政治改革だけでは不十分で役人改革、官僚改革を行い彼らから権力を奪わないとこの国に本当の民主主義は根付かないかも知れない。最も、それには吉田茂もマッツァオのカリスマ政治家が必要で、リーダー不在の現在、それを考えるとお先真っ暗なのだが。

 

2012年02月23日 LONG記す

 

トップページに戻る