東電を斬り捨てる

 東京電力がかなりいい気に成っているようである。東日本大震災で原発事故を引き起こし、その後片付けで債務超過になりそうで、国に資本注入を求めている身であるにも拘らず、何のかんのと屁理屈を捏ねて、「金はだせ、口は出すな」と言って居るのである。図々しいにも程があるとはこの事である。一方で顧客にはムリな値上げを押し付ける態度を示し、従わなければ給電停止するとまでほざいている始末である。ここまで来るともうヤクザである。彼らは法律で守られた独占企業でありその立場を忘れているとしか思えない。顧客の側は東京電力が気に食わないからじゃあ、中部電力から電気買います、東北電力から電気買いますとは行かないのである。だから、国に資本注入を求めるのも正に国民を人質に獲った所業に等しいと言えよう。

 そもそも福島第一原発の事故は何故起こったのだろうか?。これは自分の個人的見解だが、当時の東電の経営陣が保身に走ったために起きたと自分は考えている。これは推測の域を出ないが、当時電源喪失の報がいの一番で経営陣に伝えられた時、恐らく彼らは原発所員から犠牲者を出さない事を第一に考えてしまったのだろう、即ち保身である。しかし、彼らは何の為に居るかと云えば責任を取るために居るのである。彼らが当時やらねばならならなかった事は所員の安全を図る事ではなくいかに事故を防ぐかであったはずであった。どんな科学技術でもそうだが時として人命を犠牲にしなければならない時がある。そして、犠牲者が出た場合必要なのはその責任を取る者である。今回の場合は東電の経営者達であったわけだが、彼らはそれを嫌がったのではなかろうか?。つまりは彼らは将の器では無かったということに成る。

 良くは知らないが、福島第一原発事故が起きた当時の東電経営陣は2012年3月現在、当時の社長以外はそのまま残っているのではなかろうか。あんなに大きな原発事故を起こし、国民に大迷惑を掛けているのにいい気なものである。まともな神経の持ち主なら恥ずかしくてそこにいられない筈なのに何処か自分達の保身に一生懸命に見て取れるのは自分だけであろうか?。時々聞くニュースなどでも、原発事故の賠償問題などでも被害者の立場に立った賠償が検討されているとは言えないような事をよく聞くのである。

 少々過激なことを言う様ではあるが、この際東電は経営破綻して潰れた方が世の為人の為かも知れない。そして、経営陣はその責任を問われた方が良いと自分は思う。でないと、原発事故の後始末も中々先に進まないなんてことに成り兼ねない。この間、2号炉の格納容器内の水位が60cmしかないとか言うニュースが流れたが、さもありなんである。あれだけジャブジャブと水漏れが起きているのだから原子炉は穴凹(あなぼこ)だらけと考えるのが当たり前である。ノホホンと30年も掛けて後始末をしているなんて時間は無いかも知れない。シリコン樹脂でも何でも使って水漏れを止め、金に糸目を付けず原発後始末用作業用ロボットでも何でも開発し、とっとと5〜6年で済ませてしまわないと大変なことに成るかも知れないぞ。

 

2012年03月31日 LONG記す

 

トップページに戻る