またぞろ脚の引っ張り合いですか

 前田武志国土交通相と田中直紀防衛相の問責決議で国会はまたぞろ脚の引っ張り合いである。まあ、両大臣とも何がしかの問題があったのであるから、百歩譲って問責決議迄は良いとしても、与党民主党がこれに応じなければ一切の国会審議に応じないとした野党自民党の態度はどうしたものか、甚だ疑問である。まるで鬼の首をとったがの如く一人で騒いでいる様に見えるが、彼らには自分達が国民の目にどう見えているのか気にならないのであろうか?。少なくとも自分には「成りたい!、オレも内閣総理大臣に成りたい!!、チクショ〜!!!」と下前歯で上唇を咬み悔し涙を流す谷垣自民党総裁が、政府民主党閣僚がヘマをする度に嬉しくって嬉しくって仕方がなくて、ついつい問責を乱用してしまう、とまあどんなに良心的に解釈してもこんな所である。問責決議に賛成した他の野党も対応の差こそあれ、自民と五十歩百歩と言った処であろう。まあ、政府民主党が目指す消費税増税法案というのは困ることには変わりはないのだが、今の日本の上の方に居座って居る人達の無責任ぶりに呆れるのにも変わり無いのである。

 そもそも、自民党に限った話ではないが、今の日本の政治家、いや政治屋共に今の日本の置かれている現状が判って居るのであろうか?、甚だ疑問である。野田内閣では今更時代錯誤な消費税増税5%→10%を何が何でもやると言っている。しかし、そんなことが許されたのは日本がアジアの中心国であり貿易黒字を叩き出し続けていた2005年頃迄で、それ以後は状況がガラリと変わってしまった。現状はどうかと云えば、国内産業は衰退の一途を辿り若者ですら働き口が無く、貿易収支は赤字転落、国はそれらの問題に対して全くの無力と来ているのである。更に東日本大震災&原発事故のWアッパーカットを食らってしまった日には既に日本は国難どころか亡国の縁である。つまり、今は国の基から徹底的に作り直さなければならないのに、小手先の増税だけではむしろ国を疲弊させるだけである。財政赤字だってGDPの倍、即ち1000兆円も有るというのに何故日本という国が今、平然とした顔をして居られるかと言えば国民が2500兆円もの貯蓄をしているからだ。しかし、これからは違う。高齢化が進み、労働人口が少くなりGDPが縮小すれば嫌でも貯蓄額は取り崩される。一方で馬鹿な国は借金を重ね何の対策も打てない(たない?)ので溜る借金は膨らむ一方だ。そこから直ぐに類推できる事は日本も早々に債務超過国に転落すると言う事だ。そんな事は金融素人の自分にも直ぐに解る事なのだが、どうも日本国政府を牛耳って回している連中には解っていない、と言うかどうでも良い事の様なのだ。

 結論から言えば、彼らにとっては国家国民の将来の事よりも自分達の今の事優先と言う事なのだろう、だから国会議員の定数是正も進まないわけである。「俺が!」、「俺が!」、「俺が!」、幕末以来の日本国の一大事であるにも拘らずこんな連中ばかりなのはどうした事だろうか、政治屋に限らず官僚も同様である。おまけにお隣中国が軍事大国路線を突き進んでいる上に北朝鮮は不穏な動きを見せている、国のトップがこんな無戦略状態では周りの国からナメられるだけである。特に自民党については何をか言わんやである。国のことを第一に考えて居ると言うよりむしろ「自分達が政権に返り咲く事が先」と言う態度が見え見えではないのか?。一つの国会委員会で11もの法案を審議するのに「法案審議に支障を来たす」として異議を唱えるだけならいざ知らず、大臣がドジを踏む度に問責を出し、あまっさえそれに与党が応じなければすべての国会審議には応じないとして国の政治運営を混乱に貶(おとし)める行為はテロリズムにも等しい行為と言えよう。少なくとも自分の眼にはとても国家国民のための政治をしている様には映らない、飽く迄自分達の私利私欲のため国家国民を利用しているようにしか見えないのだ。

 明治の元君、西郷隆盛の言葉にこういうのがある、「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業は成し得られぬなり」。ちょっと判り難い文章なので解りやすく現代の文章にすると多分こんな風に生るのだろう。「命もいらず、名誉もいらず、地位もお金もいらない人は処遇や待遇に困ってしまうものだ。しかし、この処遇や待遇に困ってしまう様な人でなければ困難を共に乗り越えて国家の大業を完成させる事など出来る物ではない」。つまり、無欲な人、無私の人でなければ国家の大業など成し遂げられないと西郷隆盛は言っておられるのだ。今はどうであろうか?、情けないの一言ではないだろうか。申し訳ないが、自民党は死んだ、自分はそう思う。あれは、既に政党ではない。

 

2011年04月23日 LONG記す

 

トップページに戻る