尖閣諸島の国有化とは・・・呆れて物が言えません

 いやぁ、5月、6月と体調を著しく崩し、家から5分離れたスーパーに買い物に行くにも儘ならない状態に陥り、書き込みを休んでしまいました。こりゃタマランと言う事で病院に駆け込んで色々と調べて貰ったのですが結局原因は判らず仕舞い、寝ているしか手がない状態でした。

 さて、消費税増税が決まった途端に「整備新幹線の未着工部分3兆円の着工認可」なんてニュースが流れ、「チェッ、要するに結局はそれかい、お前ら議員は皆官僚共の傀儡だな」等と思って居た矢先、今度は野田傀儡総理が尖閣諸島の国有化に踏み切ると言うニュースが飛び込んで来た。尖閣諸島と言えば今石原東京都知事が地権者とその公有化を目指して交渉している最中のはず、そこに何で今更国がしゃしゃり出ていくのか?、これはもう今迄国民に不人気な「消費税増税」やトップダウンなやり方での「大飯原発再稼働」なんかの埋め合わせと言うか政権浮揚策と言うかそんな所としか言い様が無い。実に見え見えでお粗末でガサツで詰らない策である。

 では、国が尖閣諸島の国有化に乗り出すことが本当にそれが日本の為に成るのか?、それをちょっとかんがえてみよう。実は、国が尖閣諸島の国有化を直にやるよりも、東京都が独自で所有権を持っていたほうが中国も外交の手段が無いので中国からの抗議等をかわし易いのだ。しかも、所有権云々は所詮書類上のものでしかない。つまり、中国に対する牽制には成っても実効支配云々とは何の関係も無い物なのだ。従って、どうしても国がやるべき必要性は無く、東京都に任せておいた方が日本国としてはメリットは大きいと言える。もし、一部の報道に有る様に貴方が「現在国が島を借り上げて立入禁止にしている」から実効支配に関係すると考えるなら、それは中国寄りの考え方である。島に日本人が上陸していない、もしくは居ないと言う事はそれだけ日本の尖閣諸島の実効支配が弱まっている事であり、中国の思う壺なのだ。中国は今、ありとあらゆる手段を講じて尖閣諸島の日本の実効支配を弱めようとしているのだ。よって、島の直接国有化は日本国にとって得策とは言えないと言える。

 ならば、国がすべきことは何なのか?、やはり尖閣諸島及びその周辺海域の実効支配強化であろう。が、しかし、困ったことに野田傀儡総理が今回尖閣諸島の国有化に乗り出したのはどうも「対中強硬派の石原都知事が尖閣諸島を取得したりすると何をしでかすか判らない」と言う判断もあったらしい。如何にも中国にチクチク突つかれるのが大っ嫌いな日本の外務官僚の発想である。早速操り人形の野田内閣を動かして尖閣諸島の国有化に乗り出させたと言った所だろう。しかし、それは、中国にとってはプラスでも日本にとってはマイナスに成るだけである。が、しかし、官僚共はそれでもきっと構わないのである、自分達が良ければ国がどうなっても良いのだから、ウソだと思うなら駐中国大使の発言を思い出せば良い。日本国民として、あれを忘れてはならないのだ。

 

2012年07月09日 LONG記す

 

トップページに戻る