自分と言う敵

 最近大津のイジメ事件を始め、学校でのイジメ事件の報道が多い。一方でイジメられた側に学校側が退学を迫るなど、大人側の保身の対応が目立つ報道がされる等、全く情けない限りである。日本はいったい何時からこんな情けない国に成り下がってしまったのであろうか。まあそもそも、国のトップからして情けない、「木を見て森を見ず」を地で行った今の政治には自分はもう辟易としている。今回の消費増税は明らかに官僚の肝煎りで行われた。従って2014年の増税はどんなに世の中が不景気であっても必ず実行されるであろうし、それで国家財源が益々逼迫していけばアホな官僚共は「こんなハズでは!」となって更に増税し、国は益々疲弊し、更に国家財源が逼迫する悪循環に陥って国は滅亡するのである。そんな事は歴史が証明しているし、歴史の教科書を広げればそんな例に枚挙に暇が無い。日本がこんな情けない国に成り下がったのも、元はといえば官僚が情けない奴ばかりだからである。それは一言で言えば、今の官僚共は『自分と言う敵を征する事が出来ない』愚か者だらけだからと言う事でもある。それを今回は考えたい。

 自分は子供の頃からマイペースを崩さない人間で、周りの人間が何をしていようが余り気にしない人間だった。要するに一口で言ってしまえばクラスの中で一人ぼっちでポツンと居ても平気でヘラヘラしていた子供だったわけだ。まあ、周りの子達からすれば何を考えているか解らない不気味な存在だったかもしれない。ところが、コイツときたら一度理科となるとどうも子供離れした知識を持っているらしい事がわかる時が来る。それ以来、クラスの皆が理科となると徐々に自分を頼るようになった。ただ、自分はそれ以前も以後もクラス内では天上天下唯我独尊的存在であり、決してクラスの人気者でもなければ何でもなかったのである。ただ、今と唯一条件が違うのは、周りの先生方は100%戦前教育を受けた先生方ばかりだったのだ。

 さて、話を元のイジメの話に戻そう。最近何故陰湿なイジメは増えたのか、大人たちは子供達のイジメを見つけても見て見ぬフリをし保身に走るのか?。自分は全て根っこは同じ所にあるのではないかと考える、即ち戦後教育である。自分は単なる技術屋で教育関係者ではないが、どうも見ていて戦後教育を一口で総括してしまえば「他人と競争して勝つ!」である。つまり、自分以外は全て敵であり極端な話「抹殺の対象」なのだ。そう考えれば大津のイジメ事件も意外と解釈しやすいだろう。今は教育する側の先生も教育委員会も、される側の生徒も100%戦後教育を受ける者で構成されている、戦前の教育を受けた者など居ないのだ。恐らくは今、自分のようなタイプの天上天下唯我独尊的タイプの子供達は最も排除され易くイジメの対象になり易いかもしれない。何故か?、ライバル・敵は一人でも少ない方が良いと考えるからだ、それは大人子供を区別しない非情な物なのだ。だから、イジメを見つけても学校の先生が見て見ぬフリをし、教育委員会が保身に走り聞き苦しい言い訳に終始し、実際に犠牲になった子やその遺族の気持などは構わないのだ。しかし、中々判って貰えないかも知れないが、「他人との競争で勝つ」等二の次でも良いことなのである。「人間にとって最大の敵とは何か?」と問われて「それは自分であります」と正解を答えられる人は恐らく少数であろう。戦後教育では他人と競争し勝つ教育をあからさまにやっては来ても、自分に勝つ教育を明示的にはして来無かったと自分は思うからである。日本という国がかくも情けない国となってしまった背景には、やはりこの「他人との競争で勝つ」と言う履き違えた教育哲学が背景にあると自分はあると思う。「他人との競争で勝つ」のは飽くまでも結果であり過程では無いのである。

 戦後教育の「他人との競争で勝つ」と言う目標は確かに明示的で判りやすいが、或る意味感情的に成り易くなリ目標を見失い易いし、自分はそれより何より考え方が余りに安っぽいと思う。先にも言った通り、人間最大の敵は自分である、それは誰しも同じなのである。

「朝、目覚ましが鳴っている→眠くて起きたくない自分が居る」

「会社の帰り道、居酒屋がある→一杯引っ掛けてから帰りたい自分が居る」

「今日はCと言う嫌な客の所に行かねばならない→会社を休みたい自分が居る」

まあ、これらは一例だが要するにそうした自分を跳ね除けて人は自らの責任を果たしていかねばならないのだ。それは、学校での学問・学習の上でも同じなのである。一昨日よりも昨日、昨日よりも今日、確実に覚えるべき内容を覚え身に付けるべき技を身に付けて居ればその子は自らを制し努力したと言えるだろう、自分的に言わせてもらえれば、他の生徒との比較はナンセンスなのだ。もし、今後、イジメを無くし、日本の再生を考えるのなら、教育から考えなくてはダメであろう。少なくとも今の人と競争して勝つ方式ではダメである。子供達に、自分の最大の敵は自分だと言う哲学を叩き込む事から始めないとこの国の再生は無いと知るべきであろう。

 

2012年08月09日 LONG記す

 

トップページに戻る