無能な外務省は中国・韓国の在留邦人に直ちに帰国命令を出せ!

 2012年9月15日、中国各地で日本国政府による尖閣諸島国有化に対する抗議運動が開催されこれが暴徒化、日系企業を中心に被害を受けた。この抗議運動は翌日の今日、16日も引き続き中国各地で行われている様で動静が心配である。これに対して日本の外務省は何か手を打っているのであろうか?、甚だ疑問である。元々、外務キャリア官僚等と言う者共は、所詮はペーパーテストの答案を書くことに特化した秀才連中である。何かのオタクと言う事は断じて無く彼らの胸の中に在るのは「事なかれ主義」と「如何に責任を取らずに済ませるか」であって、「自らの責任において自らの国を守る」等と言うご立派な矜持(きょうじ)は持ち合わせていない。一言で言えば「日本の外務キャリア官僚は無能者揃い」と言える。

 尖閣諸島の土地所有権は元々個人所有であったが去年だか今年になって東京都の石原都知事と地権者との間で売買の話が進み始めた。折しも低支持率に悩む野田ドロブタ総理はそれを見て、軽率にもこの話の横取り・国有化に掛かり、国民の人気取りをしようと思った訳だ。しかし、日本国民はこのドロ豚総理程アホではない、そんな事をすれば中国を喜ばす(洗脳教育を施された中国国民を刺激する)だけで日本に利する所は無い事位このドロ豚以上に理解して居た。そもそも、国が直接土地購入等と言う話が中国に伝われば今回の様な事に成る事は容易に想像出来た筈である。それができなかった野田ドロブタ総理が如何に低能かが良く解ろうと言うものだ。東京都に購入を任せておけば、実は幾ら中国から抗議が来ても知らんぷりが出来た。「いやぁ〜申し訳ない、一自治体が独自に地権者と交渉している事で国としては口を挟むことは出来ません」と。ノラリクラリとしている間に日本側は着実に実効支配を強めて行く様にすれば良い。何故なら中国は東京都とは外交の手段がない、抗議なんて東京都にしようもないからだ。更に言うなら、国が直接所有権云々の話ではないから、今回の様な抗議デモの口実にも成り難い、最もあの中国人のことだから強引に口実にしてしまうキライはあるが(^^;。

 どの道、バカとしか言い様のないドロブタ総理は尖閣諸島を強引に国有化してしまった。その結果中国では連日抗議デモが発生し遂にデモ隊の暴徒化・打ち壊しへと発展してしまったわけだ。この期に及んで、あのドロブタ総理は「注視して見守っていく」等と悠長なことを言って居る。しかし、よく考えても見よ、何人の日本人が向こうに行っているのか?。14万とも15万とも言われる数の日本人が中国に渡っている、その目的は様々だろう、観光、ビジネス、留学、研究、取材等などだ。だが、一番大切なのは彼等の命である。カネなどどうでもいいのである。一部には今この様な中国の情勢に成っているにも拘らず、更に自治体ぐるみで中国進出を後押ししよう等と言う信じられない地方も在ると言う。一体自治体関係者は何を考えているのか?。中国関係者とグルになって人質を差し出しそうと陰謀を巡らせているのではないかと勘ぐりたくもなってくる。自分が考えるに、既に中国では日本人の安全は無くなったと言わざるを得ない。外務省はその無い頭をフルに絞って在中の在留邦人に引き上げ命令を出し、また中国政府に因って足止めを食らう国民があれば速やかに帰国が出来る様取り図っていくべきである。

 さて、最後は韓国である。この国も実は大変危ない国だ。従って、外務省は在韓在留邦人に一日も早い帰国を促し渡韓禁止を発令すべきである。実は韓国には親日罪成る罪があり親日的な行動が規制され偽りの歴史教育に因って嫌日・反日教育が徹底されている。しかも、日本を仮想敵としており、決して友好国とはしていないのである。そしてトドメが先月の李明博大統領による天皇陛下への謝罪要求だ。なんでも聞く所によると

『日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い、 重罪人にふさわしく手足を縛って頭を踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。 重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ、 そんな馬鹿な話は通用しない、それなら入国は許さないぞ』

等とホザいたらしい。フザケた話である。長年日本の領土である竹島を韓国領だと嘯(ウソブ)き不法占拠しておき、更に日本から多額の経済支援、技術支援を受けておきながらそれに感謝することもなく、常にこれを裏切り、二言目にはとうの昔に済んだ筈の戦後賠償のお代わりをやれ従軍慰安婦だの何だのと要求してくるその姿は正にタカリそのものである。もはや、彼の国との経済関係を絶ち更には国交断絶をも視野に入れるのが国益と言うものであろう。その為には在留邦人の先手先手の貴国を促すことが欠かせない。しかし、今の外務省の事なかれ主義の無能官僚には国益とか国民益とか言う観念が全く無い、困ったものである。

 

2012年09月16日 LONG記す

 

トップページに戻る